地方移住で失敗しないクルマの選び方

クルマ

現役ディーラー勤め人ナカモリサトル(@SatoruNakamori)です。

東京23区内の都市部であればクルマは贅沢品ですが、

地方に住んでいる方にとってクルマは必需品です。

 

東京から地方に移住し、移動手段としてクルマが必要になるけれど

どうやって選べば良いんだろう・・・?

 

そんな方に初めてのクルマ選びについて

ポイントをお伝えしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

まずは予算を決める

 

都市部と比べて生活費はかからないと

言われている地方ですが、移住当初は

何かとお金がかかるものです。

 

クルマに関しても、よほどこだわりがない限りは

割り切って考えるのがベターです。

 

地方移住に伴って選ぶ最初のクルマですから

新車である必要なんてありません。

必要最低限の予算で買える中古車で十分でしょう。

具体的な予算としては総額で50万円あれば問題なし。

最低でも40万円は欲しいところです。

クルマには諸費用がかかります。

クルマによって違いはありますが

10万〜15万円ほどかかる場合が多いです。

車両代35万前後+諸費用15万円=総額50万円

多少費用の比率は前後するとして、これがひとつの目安です。

これを下回ってしまうとクルマ自体に不具合が出た場合、

余計な修理費がかかる可能性が高くなりますので注意が必要です。

予算の結論:40万〜50万円は用意しておこう

クルマ選びよりもお店選びが大事

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

50万円の予算でどうやってクルマを選ぶのか?

地方には中古車の販売店だらけ。幹線道路沿いには

多くの中古車が並んでいます。

クルマに詳しくない状態でお店を選ぶのであれば、

ディーラーの看板を掲げたお店を選ぶのが無難です。

独立系の販売店よりも、厳しい基準で並べるクルマを

選んでおり、納車後の保証も充実している場合が多いです。

独立系の販売店の方が同程度の中古車ならば安い傾向が

ありますが、納車後に不具合が生じても、修理費を

別途請求される場合もあります。せっかく安く買ったつもりが

むしろ高くついてしまった、というケースも考えられます。

 

結論:ディーラー系の販社で探せば安心
スポンサーリンク

まずは2〜3年間の付き合いと割り切ろう

クリックすると新しいウィンドウで開きます

クルマは耐久消費財とも言われ、一度買ったら

しばらく乗り換えはしない考え方が主流ですが、

あくまで今回は「間に合わせの1台」です。

地方での生活に馴染んでいく中で、最初に選んだ

1台に不満を生じることは多々でてくるでしょう。

予算50万円のクルマなんて、そんなものです。

地方での生活のペースを掴む中で、自分にとって

日常を豊かにしてくれる理想のクルマを描き、

車検を目安に2〜3年後に、また乗り換えれば

良いのです。

クルマの乗り換えを目標に、地方の仕事を頑張るのも

アリだと思います。

もちろん、気に入ったのであれば乗り続けてもOKです。

 

結論:2〜3年後には、理想のクルマを手に入れよう

 

オススメは軽よりもコンパクトカー

燃費や維持費を考えるとやっぱり軽自動車かな・・・

クルマ選びの際にそう考える方も多いと思いますが、

中古の軽自動車は割高です。

人気がある為、高値で取引されている為です。

 

オススメはコンパクトカー。

エンジン1500cc以下のクルマです。

種類も豊富ですし、探せば50万円程度でも

状態が良いものはいくらでもあります。

軽自動車に比べて長距離移動の際にも

疲れにくく、衝突時の安全性も軽自動車と

比べて頑丈な場合が多いです。

結論:良質な中古車はコンパクトカーで見つけよう

 

まとめ

地方移住に伴う最初のクルマ選びで大事なことは

「故障しないこと」

「故障してもすぐに対応してくれる環境があること」

です。

クルマ選びって大事だけど、地方に移住したあなたが

やるべき事は他にあるはずです。

「地方移住してやるべき事に集中できる」

そのためにはクルマはあくまで黒子として

移動手段に徹すれば最初の目標は達成します。

もし、機能や性能に物足りなさがあれば次の

車検のタイミングで乗り換えを考えれば良いのです。

 

結論:本業でやるべき事に集中できるクルマであれば、それで充分!

 

 

 

スポンサーリンク