ストレングスファインダーを10年ぶりにやってみたら強みが変化していた

転職&キャリア

現役ディーラー営業のナカモリサトルです。

ストレングスファインダーが2.0にアップデートされたとの事で、
10年ぶりにテストをやってみました。

過去の結果に関しては正直うろ覚えですが、
「着想」「ポジティブ」「最上志向」「社交性」あたりが該当していました。
あともう1つは・・・自己確信だったような・・・。

今回の結果は

1.収集心

2.ポジティブ

3.内省

4.社交性

5.共感性

でした。

この結果を踏まえて、良くも悪くもストレングスファインダーは
受けた当時の心理的欲求に結果が反映されているんだなと思いました。

前回SFを受けた10年前は、まだ離婚したばかりで精神的にも
決して安定していませんでした。
その不安定な状況に必死に抗おうと自分自身を実際よりも
良く見せようとしたり、当時の人材営業としても
結果を出そうと躍起になっていました。

その心理状態が「最上志向」(自己確信も)に現れていたのかもしれません。

実は正直、「最上志向」という結果には「??」という思いがあったので
逆に印象に残っていました。

「いいかげんな自分が最上志向なんて・・・・」と妙な違和感。

そして離婚した直後だったせいか「自分は絶対幸せになってやる!」
という妙なこだわりというか、根拠のない自信を膨らませて
自分を鼓舞させていたような気がしました。

それが自己確信という結果に繋がっていたのかも。

「ポジティブ」「社交性」については、あー確かにそう!
と自分でも納得して素直に受け入れられました。

そして「着想」。

正直、SFを受けるまで「着想」という言葉を知らなかった私。
しかし、着想という言葉を知ってからか、世の中の動きや人の心理などに
共通点を見出し、独自の視点で解釈できないかを探ろうという意識が
芽生えたのを覚えています。

そして、今回の結果。

まず1番の「収集心」。これは今、副業やブログという活動を暗中模索で
進んでいる最中、少しでも良い方向や情報で前に進めないかを知ろうとする
今の心境が顕著に現れたからでしょう。

そして2番の「ポジティブ」4番の「社交性」。
この辺りは本当に自分の強みとして確率していると思います。
幼少の頃から人生に不器用で損ばかりでしたがポジティブだったので
なんとか健全に生きていられますし、趣味の1つがバー巡り。
見知らぬ店に1人で入ってお酒を美味しく飲めたり、
ブログやツイッターで絡めるのは「社交性」の賜物でしょう。

3番の「内省」これも最近の傾向が強い要素だと思います。
毎日のブログ記事作成の他にも、毎週納期があるクラウドワークスの
案件をこなしたり、好きなラジオ番組へのネタ投稿など、
とにかく頭を使った文章を書く機会が非常に増えている今だからこそ
「内省」が出て来たのではないかと。

そして5番目の「共感性」。これまでの10年間の自らの失敗と
希望を重ねて多くの他人の動きに共感し、
「この人の立場だったらそう考えるのも無理はない」と
考えるようになり、ちょっとやそっとの事では驚いたり、
怒りをあらわにするような事は減りました。

それだけ過去に多くの人に優しく寛容に接して来たせいか、
「共感性」が如実に現れたのではないかと思います。

2回SFを行っていた事で、自分の最大の強みは
ポジティブと社交性、この2つだけはしっかり生かして
それ以外のキャラクターは状況や心境の変化に応じて
しっかりと共感スキルを高めていかないと!

ストレングスファインダーは見つけておしまいではなく、
自分の強みをどうやったら活かせるかを実験・実行して
初めて意味があります。

受けて満足せずに本質に近づいて行きましょう。

 

スポンサーリンク