新車オプションの取得税を節約する、ちょっとした工夫

クルマ

現役ディーラー勤め人のナカモリサトルです。

新車を購入する際に、悩んでしまう1つが
ディーラーオプションです。

ディーラーオプションとは、工場で生産された後の
クルマに後付けで取り付けられるオプションです。

主に、フロアマットやアクリルバイザー、カーナビ、
ETC、ドライブレコーダー、ボディコーティング、
エアロパーツ各種がそれらに挙げられます。

いわゆる、クルマ本体とは別に用意してある
「オプションカタログ」に乗っているものですね。

これらは画一的に生産されたクルマを自分好みに仕上げられる
アクセサリーとして大変魅力的ではあるのですが、
新車購入時にこれらを取り付けてしまうと「取得税」が
かかってしまうのです。

(クリーンディーゼル車などの免税車は除く)

つまり、オプションを取り付けて自分好みのクルマにすればするほど、
クルマ本体の取得税に加えて、追加パーツの取得税もかかるのです。

オプションの取り付け数にもよりますが、数種類つけただけで
5000円〜20000円ほど追加で税金がかかかります。

ちょっともったいないと思う方は下記の方法をお勧めします。


新車注文時ではなく、納車後にオプションを取り付ける。

具体的には、納車日当日、もしくは直前に注文するのが良いでしょう。
新車の注文書にナビやETCの取り付けを加えていると取得税の対象です。

純正オプションであれば、部品自体は数日で届くので、いつ取り付けを
行うかをディーラー側と相談すればOKです。

もしくは、純正以外の製品を後付けするならば取得税はかかりません。

大半の工程は1日で取り付け完了します。台車を用意してもらえば
ディーラーで待たずに済むので、手間もそれほどかかりません。

そもそも、ディーラーオプション自体が後付けでも大丈夫なので、
付けるかどうか迷っているオプションは納車後、「やっぱり欲しい!」と
思ってから購入しても遅くありません。

クルマは高い買い物なので、金銭感覚が麻痺してしまいがちですが、
お金の価値は変わりません。数万円でも節約する感覚を忘れずに
気に入ったクルマを選ぶ
のが、賢い買い方です。

 

スポンサーリンク