自動ブレーキって本当に効くの?技術的な違いをシンプルにまとめる。

クルマ

現役カーディーラー勤め人のナカモリサトルです。

最近は「自動ブレーキ付きのクルマ」が当たり前のように
普及してきました。

「このクルマは自動ブレーキがついてるから安心」と
思ってしまいがちですが、本当にそうでしょうか。

当然ですが、自動ブレーキは万能ではありません。
あくまで危険を回避する手段のひとつであり、ドライバーの
安全運転義務を免除するものではないんですね。

まだまだ、走行環境によってクルマが正しい判断ができずに
誤作動または効くべきときに効かない未作動になる場合が
ありますので、あくまで補助的な役割です。

今回は自動ブレーキの技術的な違いを大きく3つに分類して
技術的な解説を簡単に行います。


1.赤外線式

最も安価で簡単な自動ブレーキの仕組みです。
赤外線で前方のクルマを察知し、ブレーキを効かせる仕組みですが
あくまで赤外線なので、テレビのリモコンが反応する範囲でしか
感知しません。

カタログ上は時速30km以下で機能するとありますが、
あくまで「被害軽減ブレーキ」と言われているように
必ず止まるとは限りません。

軽自動車を中心に、比較的低価格のクルマに
搭載されている場合が多いです。


2.カメラ方式(単眼カメラ・ステレオカメラ)

カメラで人やクルマを察知するシステムです。
ひとつまたは2つのカメラを使用し、立体的に映像を捉えて
前方のクルマや歩行者、車線を感知し、危険を察知するという方式です。

単眼カメラでは一部の日産車
ステレオカメラではスバルのアイサイトが代表的です。

ステレオカメラは人間の目のような役割になるので、
逆光や夜間、霧などの悪天候に弱い傾向があり、注意が
必要です。


3.ミリ波レーダー方式

ミリ波レーダーは戦車や潜水艦などの位置把握にも
使用されている技術です。
暗闇でコウモリが壁にぶつからずに飛べるのも、
このミリ波レーダーを出しているからと言われています。

赤外線よりも遠くの物体を捉え、最大200メートル先の
クルマを検知し、危険を察知します。
逆に近距離の検知は弱い面があります。


4.複合方式

1〜3の方式を併用し、各機能の弱点を補いあって
自動ブレーキの信頼性を高める仕組みです。

現在、トヨタやマツダ、ホンダなど、
ほとんどのメーカーがこの方式を採用しています。

ほとんどの自動車メーカーが複合方式を
採用していても、自動ブレーキの機能は
どこも一緒!とはいえません。

各社の技術力の違いがハッキリとわかるのも
この自動ブレーキといえます。

自動ブレーキの各社の安全性をより詳しく
知りたい方は、こちらの記事も参照してみてください。

関連記事:

クルマの自動ブレーキって本当に効くの?検証と評価について知って欲しいポイント!

 

スポンサーリンク