カローラスポーツ試乗!1.2リッターエンジンのフィーリングは?内装と外装をじっくり拝見!

クルマ

クルマ好きの仲森さとる(@SatoruNakamori)です。

先日、カローラスポーツを試乗する機会があったので、
そのレビューをしてみます!

スポンサーリンク

カローラスポーツってどんなクルマ?

カローラスポーツとは2018年8月に発売されました。
トヨタ車を代表するブランド「カローラ」を冠した、ハッチバックタイプのクルマです。

そもそもカローラって?

カローラとはもともと、大衆セダンとして生まれたクルマです。
100万円程度で手に入るファミリーカーとして、多くの人に指示されました。

トヨタといえば、安価で壊れないという安定した品質のイメージを連想しますが、
そのイメージに大きく貢献したクルマが過去のカローラです。

セダンの他にも様々なボディタイプを派生させており、往年の名車「レビン」「トレノ」も
カローラの名前を冠して発売されました。

他にもカローラⅡやカローラフィールダー、カローラアクシオなど、その時代ごとの
流行りをうまく取り入れ、カローラは変化しつつ生き残ってきたのです。

今回はカローラスポーツという名でハッチバックスタイルのデザインで登場です。

カローラについてもっと詳しく知りたい人はこちらもどうぞ!

created by Rinker
¥1,296 (2019/07/17 16:16:52時点 Amazon調べ-詳細)

ハッチバックタイプとはどんなスタイル?

ハッチバックタイプとは後ろ側がトランクではなく、
ハッチ(上下に開閉するトビラ)となっているカタチのクルマです。

こちらの画像がカローラスポーツの後ろ姿。
荷室はトランクではなくボディと一体化し、塊感のあるデザインにしやすいのが特徴。

最近はセダンタイプの車両のニーズが一部の高級車を除いて減り、SUVやハッチバック、
コンパクトカーに需要が移っている傾向が強いです。

スポンサーリンク

エンジンタイプは?

カローラスポーツに用いられるエンジンは2タイプ。
1.8リットルのハイブリッドと1.2リットルガソリン。

トヨタの小型SUV、CH-Rとほぼ同じパワートレインを用いています。

カローラスポーツの内装は?

カローラスポーツの内装をみてみましょう。

全体的には、ダッシュボードやドアトリムで使われている、
プラスチックの質感はヴィッツ同等な印象です。

鏡面仕上げのプラスチック感を多用して高級感風な雰囲気を醸し出しているコックピット。
シフトパターンの表示がブルーというのがちょっと個性的です。

レンタカーなのでグレードはベーシックのGX。
インパネも液晶ではなくデザインも凡庸。

エンジンをかけるとメーターが一度振り切れ、元に戻るという演出もありますが、
エンジンの始動音とシンクロしているわけではないので、ちょっと微妙な印象です。

そしてこのナビ。ダッシュボードにせり出すスタイルは最近の欧州車のトレンドですが、
レンタカーということもあり、最低限度の大きさであるが故に外枠が太すぎ(笑)

画面の大きなナビにすれば、この違和感も取り除くことができるかもしれませんが・・・!

カローラスポーツをいざ、試乗!

それではいよいよ試乗です。

まずは走り出し。
まぁ自然体な感じで可もなく不可もなく、といったところでしょうか。

ダブルウィッシュボーン式の足回りはまぁこのクラスにしては悪くないという印象。

しかし、1.2リットルのエンジンはやはり非力と言わざるを得ません。

走りのレベルとしてはコンパクトカーそのものといっても良いでしょう。

カローラスポーツというよりも、カローラハッチバックという名称の方がしっくりきます。
いわゆるスポーティな走りを期待すると肩透かしをくらいます。

アクセルは少しづつ踏み込んでいくことで少しづつ加速していきますが、
グッと踏み込んだとしてもそれに呼応して急加速は得られません。

カローラスポーツという呼称に期待を持ちすぎてしまうと、
期待はずれとなってしまう可能性が高いです。

あくまで、カローラスポーツのスタイリングを気に入り、その世界観を楽しみたい、
という人向けのクルマだということができます。

1.2リットルというエンジンでは、良くも悪くもこれが限界です。

どんな人がカローラスポーツを買うべきか?

まずは長年のトヨタオーナー、トヨタブランドに絶大な信頼を得ている人。
こういった人はカローラスポーツを買っても満足度は高いでしょう。

逆に、今回が初のトヨタ車という方はトヨタのクルマ造りを悪い意味で解釈してしまう
可能性があります。内装の質感については長く乗るにつれてその程度の差を感じやすいです。

コンパクトカーや軽自動車にこれまで乗ってきた方であれば、
その質感の違いに違和感を感じることは少ないと思われますが、
同クラスの1.5〜2.0リットルクラスのクルマから乗り換える人は要注意です。

エンジンの絶対的なパワー感というのは、じわじわと後からギャップを感じやすい部分です。
乗り心地の良さは感じつつも「前のクルマのような加速感が無くて物足りないな」と
思うかもしれません。

通勤時間が長い人や、高速道路を多用する人にとっては、カローラスポーツだと
役不足に感じるでしょう。

通勤が短い人や、チョイ乗りが多い人、クルマのデザインが気に入った人ならば
満足度が高いクルマだと思います!

より詳しく知りたい人はこちらもどうぞ!

スポンサーリンク