2019年のクルマの買い方!消費税と自動車税の増減のポイントを見極めよう!

クルマ

自動車ディーラー勤め人の仲森さとる(@SatoruNakamori)です。

2019年10月には消費税が10%になります。
クルマを買う予定がある人にとって、これは大きな関心ごと。

一方、増税によって消費の落ち込みを招かないように、
対策として増税後の自動車税は減税する、という方向で政府は動いています。

消費税の増税と、自動車税の減税。

これを踏まえて、一体いつ自動車を購入するのがお得なのでしょうか?
新車を買う予定がある方の参考になれば幸いです!

スポンサーリンク

2019年(平成31年)10月から、消費税は10%になり、自動車税は減税となる

クルマにとって2%は大きな数字です。

例えば、300万円のクルマの消費税は、これまで24万円(8%)だったのに、
2%増税によって30万円(10%)となります。

同じクルマなのに、2019年10月を境に6万円の開きが出るのです。
たかが2%とはいえ、そのインパクトは大きいものです。

消費税が増税となる一方で、自動車税は減税となります。

増税による買い控えを緩和する施策として、自動車税を減税することで、
需要の落ち込みを緩和しようとするのが狙いです。

具体的には、以下のような区分で自動車税は減税されます。

つまり、排気量が小さいクルマほど、自動車税の減税幅が大きくなりますが、
排気量が大きくなるにつれて、自動車税の減税幅が小さくなるのです。

ここが大きなポイントですね。

最も自動車税が減税される、1000cc以下のクルマとは

1000cc以下のクルマの一例です。

トヨタのルーミー。
小さなクルマながら広々とした室内が魅力です。

スズキのクロスビー。
軽自動車ハスラーの普通車版と言えるでしょう。

トヨタのパッソ。
最近のSUVブームで大きなクルマが人気なので、最近見かけなくなりましたが、
1000ccクラスのクルマの代表者的な存在だと思います。

上記のような、ほぼ軽自動車に近い、ワンクラス上の自動車が最も減税されるクルマとなります。

国産車の主戦場!1500cc以下の自動車税も4000円減!

主にコンパクトカーと言われる部類のものは1500cc以下に分類されます。
各自動車メーカーが最も力を注いでいる領域とも言えるでしょう。

ホンダのフィットやヴェゼル、ステップワゴンやシビックも今では1500ccですね。

クルマの物理的な大きさではなく、あくまでエンジンの排気量がポイントです。

トヨタならば、ヴィッツやシエンタなど、多数のクルマが対象です。

自動車の基本性能の向上やハイブリッド化により、
1500cc以下のクルマは今最も生産されているクルマと言えるでしょう。

興味があるクルマのエンジン排気量を調べて、税金の視点で考えるのも一案です。

 

年間で3500円の減税はお得なのか?2000cc以下のクルマの一例

続いて2000cc以下のクルマの一例です。

ハイブリッドの人気車種、プリウスも2000cc以下です。
トヨタの人気ミニバンや日産のセレナも2000cc以下ですね。

スポンサーリンク

自動車税の減税の恩恵はほとんどない?2500cc以下のクルマの一例

2500cc以下のクルマの一例です。

人気ミニバンのヴェルファイアやアルファードも対象になってきます。

CX-5やハリアーといったSUVもこのクラスが多いです。

排気量が大きなクルマは価格も高く、自動車税の減税幅も小さい

この表題が今回の消費税の増税と自動車税の減税のポイントです。

エンジン排気量が大きなクルマは価格も高い傾向があります。
300万円クラスのクルマになると、消費税が2%増税するだけで6万円以上の負担増です。

一方で、自動車税の減税については排気量が大きいほど減税幅は小さくなります。
2500cc以下ですと1500円の減税。

300万クラス以上のクルマになると消費税増税分を自動車税の減税で相殺するのは
かなり難しいケースが考えられます。

もし、2500ccクラスの場合は10年所有しても1.5万円程度の減額にしかならないのです。
消費税増税分の6万円をカバーしきれないと考えられるでしょう。

仮に、300万円クラスのクルマなのに、1500ccクラスのクルマと仮定した場合だとしても、
10年間で4万円程度の減額です。300万円以上のクルマの場合は、10年乗っても元が取れない、
と言えるでしょう。

1000ccクラスの場合は長期保有によってお得になる

一方で、1000ccクラスのクルマは10年所有すれば自動車税は45000円お得になります。

1000ccクラスの車両であれば、高くても180万円程度です。
2%の消費増税によって上がる税金ぶんは3万6000円程度。

つまり、7年〜8年乗ってやっと消費増税分が相殺される、という計算になります。

10年程度所有してやっとお得になる、と考えることができますね。

 

結論:自動車税の減税を期待して購入時期を遅らせてもほとんど得しない

以上のことを踏まえて考えると、2019年10月以降、自動車税は減税になっても、
消費税が増税する分を賄えるほどの減税にはならない、と考えるのが妥当です。

車検が間近に迫っている人ならば、減税を待たずに乗り換えてしまった方が賢い選択と言えます。

残念ながら車検代を回収できるほど、お得な施策とは言えません。

あえて言うならば、1500cc以下のクルマを10年以上保有する事で、
やっと数万円の維持費が特になる、といえるでしょう。

全体をトータルで考えれば、それほど大きな減税施策ではない、
といえるのです。

皆さんの車選びの参考になれば幸いです!

 

スポンサーリンク