【シャンパンセーバー】スパークリングワインは飲み残してもOKな便利グッズ

カクテル&お酒

お酒を愛するブロガーのナカモリサトル(@SatoruNakamori)です。

スパークリングワインやシャンパン。

魅力は何と言ってもあのシュワシュワとした泡

シャンパンの泡を星に見立て、「星を飲む」という表現もあるそうです。

そんな素敵な泡の魅力を

自分のペースでゆっくり最後まで美味し楽しみたい

ですよね。

でも、シャンパンやスパークリングワインって1人で全て飲みきれないわ・・・残してしまうと気が抜けてしまったらもったいないから、なかなか買えないのよね・・・。

そんなあなたにぜひ知って欲しいのがシャンパンセーバーです!

こんな素敵な商品をなぜ、ニトリやIKEAで扱わないんだろう・・・

不思議に思ってしまうくらいに便利です!

このシャンパンセーバーですが、シャンパンストッパーという言い方もあり、

ストッパーの方が一般的な言い方かもしれません。

スポンサーリンク

シャンパンセーバーの効果を家飲みワインで実験してみました

今日のスパークリングワインはこちらです!

ミュスカドール、というマスカットのスパークリングワイン。

ほんのり甘くて飲みやすく、スイスイと飲めてしまうワインです。

これは、家飲みワインとしてはとても優秀・・!

1000円程度でリーズナブルです。

シャンパンセーバーが生まれた理由は、抜栓したあとのコルクは使えないから

スパークリングワインやシャンパンというのは、

一度栓を抜いてしまうと再び封をすることが出来ないんですよね・・・。

このようにしっかりコルクで栓がされているのを抜いてしまうと

底が広がって栓が出来ないのです。

このままの状態で飲み残してしまうと、

翌日にはシュワシュワ感が失われて、全くの別モノになってしまう

のです。

実際に、一晩でワインを1人で1本空けてしまうのはかなりお酒に

強い人です。(私でも半分くらいが限度です笑)

シャンパンセーバーの使い方は簡単

使い方はとっても簡単。

線の上からセーバーを被せ、固定すれば準備完了!

 

レバーを上にすると・・・

 

フタが開いて注げる状態になります。

 

やってみると注ぎやすい!

スポンサーリンク

シャンパンセーバーで本当に密閉されてるの?

高価なシャンパンだったらやりたくないのですが、

今回は普段使いのスパークリングワインなので、

こんな実験をしてみました。

 

ちょ!アワワ・・・

 

おぉぉ。漏れてなーい!

 

一滴も漏れてなーい!

形だけじゃなくてしっかりと密閉されています。

一晩たったあとにレバーを上にすると「シュッ!」と

気持ちの良い音がし、飲んでみると前日と同様の

シュワシュワ感が感じられました。

注ぎやすさとシュワシュワのキープ。ワイン好きならば

持っておくべき便利な一品です!

 

シャンパンストッパーは形状が違う

一方でシャンパンストッパーと言われるものは形状が違います。

こちらは注ぐ時には外さなくてはならない構造です。

これは、レストランなどで注ぎ口がついているのが逆に

プロっぽくないということで、ソムリエはこちらの

形状を好むことが多いようです。安価なものもありますが、

あまり安価すぎると密閉度が低く、効果が薄いものもあるので注意です!

やっぱりシャンパンセーバーの方が使い勝手は良いでしょう。

まとめ:シャンパンセーバーでより豊かなワインライフを!

ソムリエナイフやコルク抜きがこれだけ普及しているのに、

シャンパンセーバーシャンパンストッパーがニトリやIKEAなどで

扱っていないのが本当に不思議だと思う私。

泡好きならば、必ず一つは持っていて欲しいですし、これ一つで

身近にシャンパンやスパークリングワインを楽しめます!!

バチェラー・ジャパンであのシャンパンが選ばれた3つの理由

2018年8月5日
スポンサーリンク