【ジーンライフ体験記】遺伝子検査キットで改善すべき生活習慣を知ろう!

その他・オススメ

アラフォーど真ん中のナカモリサトル(@SatoruNakamori)です。

ジーンライフの遺伝子検査を受けたので、その結果を

レポートしたいと思います。

自宅で手軽に出来る遺伝子検査の結果の信憑性は医学的に正しいかどうか

議論の余地はありますが、ここでは一つの参考にはなるというスタンスで

語っていきます。

 

スポンサーリンク

遺伝子検査キット「ジーンライフ」とは?

ジーンライフとは遺伝子検査情報を提供する会社です。

専用キットで唾液を採取し、あなたの遺伝子を解析し、

その結果を提供します。その検査項目は360と世界最多。

あなたの病気リスクや身体的特徴、能力について遺伝子の

観点で情報を提供します。解析実績は累計60万人。

将来、起こりうる疾患リスクや体質判定し、生活習慣の改善や

ダイエットに役立てたり、自分の性格の特徴を知ることからも

自分自信を知るきっかけにもなります。

遺伝子検査キット ジーンライフは田中将大投手のCMで知名度も向上

こちらのCMを最近ご覧になった方も多いのではないのでしょうか。

CMの効果で遺伝子検査の認知も急速に高まっている印象です。

 

遺伝子検査キット ジーンライフの検査結果を公開します

実際にジーンライフで遺伝子検査をやってみたので、その結果を

みながら自分の健康について考えてみました。

具体的な検査方法については、他のブログ記事でも細かく書かれているので

割愛しますが、とても簡単です。

遺伝子検査キット ジーンライフの結果はPC、スマホで簡単に確認できる

唾液を専用キットで採取後、検査結果が出るまで1ヶ月ほどかかります。

検査結果が出た後はPCはもちろん、スマホのアプリをダウンロードすれば

検査結果は簡単に確認できます。

遺伝子検査の結果はカテゴリ別に分類されてわかりやすい

疾患や体質、リスクといったカテゴリに分かれており、感覚的に

結果がわかるようになっています。

ジーンライフは七大生活習慣病のリスクも一目瞭然

スマホの画面で一目でわかります。

これをみると、私の場合、心筋梗塞や脳卒中のリスクがやや高いという

結果が出ていることがわかります。

遺伝子検査によってがんのリスクについても、各部位によって細かく表示

スマホの画面をそのまま貼り付けます。

私の場合、胃がん、食道がん、腎臓がんのリスクが高い傾向があり、

神経膠腫のリスクが低く、それ以外のがんリスクは標準ということがわかります。

スポンサーリンク

リスクの高さごとに、表示することも可能

各アイコンによって項目に分けることもできるので、

とても理解しやすいです。

これをみると、聞きなれない病気でもこんなリスクが高いものが

あるのか〜、と変に関心してしまいます笑

 

ジーンライフの遺伝子検査の結果を踏まえて

体質と結果の一致を感じた項目

遺伝子検査の結果を踏まえて、「当たってる!」と

思えた体質は下記の通りです。実際の生活の中で指摘されたり、

自分自身の認識があるものばかりです。

「うんうん!当たってる!」とうなずいた項目
  • アレルギー性鼻炎のリスクが高い
  • スギ花粉症のリスクが高い
  • 飲酒量が多い傾向
  • ワインの好みは標準
  • アルコール代謝が分解できる
  • 痛風リスクがやや高い
  • 血液中の尿酸がやや高い
  • うま味が感じやすい
  • ニキビはやや低い

上記の項目だけでも、遺伝子検査の結果はある程度の信憑性が

あると感じました。私は毎年花粉症に悩まされる他、

ちょっと埃っぽい場所にいるとすぐに鼻水がズルズルです。

また、お酒が大好きな私は毎晩必ず飲んでいます。

しかし、ワインに対しては特別好みが強いわけではなく、

むしろカクテルの方が好きです。

また、「うま味が感じやすい」というのはお酒とB級グルメが

大好きな自分っぽさがあるなと感じられました。

いちばんハッとさせられた検査結果は

ずばり

アルコール依存症のリスクが高い

これです。

「まさか自分がアル中のリスクが高いなんて!」と

流石にびっくりしましたが、飲酒量も普段から多く、アルコール処理にも

強い体質だからこそ、歯止めが効かずアルコール中毒になる可能性は

あるのではないかと思った次第です。

ジーンライフの検査結果はそれぞれに相関関係がありそう

お酒を飲まない人がアル中になるリスクは低いはずです。

いくらお酒に強くても、飲む人の方がアル中になるリスクが高いのは

明らかです。

やや高いと表示されたがんの中には「胃がん」「食道がん」「腎臓がん」

がありましたが、アルコール摂取によってリスクが高まるガンと

言われています。脳卒中、心筋梗塞も同様です。

検査結果を鵜呑みにしてはいけませんが、少なくとも各項目の結果には

相関関係があり、個人的には信憑性を感じました。

自分の生活習慣と検査結果から、「未来のリスク」を予測する

今回の検査結果と自分の生活習慣を照らし合わせて、

改善すべきはアルコールの摂取だと考えた私。

さすがに禁酒とまではいきませんが、毎日飲んでいるビールは

ノンアルコールビールに変えたり、宴会時にもお酒の量を減らす

など、これまでよりも意識してお酒を減らすようになりました。

このようなちょっとした生活習慣の変化が、生活に大きな

影響をあたえるガンや脳卒中などに巻き込まれるリスクを回避

することに繋がるはずです。

 

遺伝子検査は自分の生活習慣を見つめ直す為には有効な手段

遺伝子検査の信憑性については、一部疑問が残る指摘も

ありますが、私としては大変有意義であったと考えます。

私の場合、検査結果を踏まえてお酒の量は確実に減りました。

「お酒を減らそう」「運動しなきゃ」と思っても出来ないものですが、

自分の遺伝子による疾患リスクを知る事によって、生活習慣を

改善する一つのモチベーションに繋がるのではないでしょうか。

目的に応じて様々な検査キットがあるのも魅力

今回、私が利用したジーンライフは主に体質や

病気のリスクがメインの検査キットです。

この他にも、スポーツに特化し、筋肉の傾向や

運動能力に特化したキットもあります。

ダイエットをしたい方は、自分の体質を知り、

より自分にあった効果的な方法を見つけるヒントにもなります。

もっと自分自身を知りたい!性格や能力を分析し、

自己理解をしたいならば、ジーンマイセルフ。

自分にとって適切なスキンケアを知りたいなら。

自分自身のルーツを辿りたい方はこちら。

自分自身の健康管理やキャラクターに悩んでいるなら、

このような検査を受けて自分を知るきっかけを掴めば、

おのずと次のアクションに進めるかもしれませんね!

スポンサーリンク