岩手の定番お土産「かもめの玉子」に黄金バージョンが登場!5つの違いを分析!

B級グルメ

食いしん坊のナカモリサトル(@SatoruNakamori)です。

先日、仙台市に牛タンを食べに行った時に見つけた

気になるお菓子、「黄金かもめの玉子」をご紹介します!

 

スポンサーリンク

「かもめの玉子」とは?

かもめの玉子とは岩手県のお土産の代表格のひとつ。

本当にカモメの卵が入っているわけではなく、

甘くて黄色い餡をカステラ生地と

ホワイトチョコレートで包んだ白くて丸いお菓子を

カモメの卵に見立て、そのまま「かもめの玉子」という

商品名で販売しています。

 

かもめの玉子のCMソングまである

製造・販売を手がける「さいとう製菓」社のHPにはCMソングまで!!

関東に在住する私からみるとビックリなのですが、それだけ

地元岩手では親しまれ、愛されている存在なのでしょう・・・・!

 

かもめの玉子のCMソングはこちら
ナカモリサトル
ホワイト〜チョコに包まれた〜♫かもめのた〜ま〜ご〜♫
フリー素材にゃんこ
み、耳に残るニャ〜〜!

 

金額もお手頃で個装されているので、お土産に最適

金額も4個入りで453円(税込)と1個あたり約100円。

手頃な価格であり、さらに一つ一つが個装されているので、

職場や学校で配るお土産としても最適です!

個数も4個入り〜20個入りまで用意されているので、

中途半端に数を余らせてしまう心配もありません!

 

黄金かもめの玉子とは?

高級感のある黒い箱に入っており、

堂々と「黄金」の二文字が冠しているではありませんか!

大きさをイメージしてもらう為に、10円玉と比較してみましょう。

そうなんです!通常のかもめの玉子と比べても

1.5倍の大きさで、個装どころか1個で箱に入っているのです。

なんという贅沢な・・・!

スポンサーリンク

黄金かもめのたまごは金額も贅沢!箱をあけると・・・

こちらの黄金かもめの玉子は1個360円と通常のかもめの玉子の

3倍です。どんだけ贅沢なんだ・・・・!

箱を開けると中身はこちら。

箱を開けてみると包み紙の上から更なる包装が!

食べる前から、嫌が応でも期待が高まります・・・!

 

いよいよオープン!

おぉぉ〜。

開けてみるとオリジナルのかもめの玉子とは

明らかに違う色。この色は卵黄で出した黄色なのでしょうか。

黄金を連想させる濃いめの黄色のかもめの玉子です。

早速中身を割ってみてみましょう

ちょっと写真ではわかりづらいですが、

真ん中には「栗」がインしています!

かもめの玉子じゃなくて、これはもう栗の玉子と

言っても良いんじゃないでしょうか・・!

 

割ってから気づいたもう1つの違い

いざ、食べてみようと手に取ると、なんとっ!

金粉が降りかかっているではありませんか!

これが、黄金かもめの玉子の黄金たる所以・・・!

これは割る前に気づきたかった!

 

まとめ:黄金かもめの玉子はここまで違う!

以下に黄金かもめの玉子の違いをまとめました!

 

 

黄金かもめの玉子5つの違い
  1. 個別包装なだけでなく、箱入り!
  2. 金額も3倍!
  3. 黄色い!
  4. 金粉入り!
  5. 栗も入ってる!

 

肝心の味についても、風味も味の良さも3倍違うといって

良いでしょう。実際に食べていただくのが一番なので、もっと

詳しく知りたいという方はぜひヤフーショッピングで

黄金かもめの玉子をゲットしてください!

 

スポンサーリンク