はあちゅうさんが事実婚を選んだ理由を考える。そのメリット

恋愛&結婚

昨日、Twitterのタイムラインに

衝撃なニュースが飛び込んできました。

 

なんと、はあちゅうさんが結婚。

お相手は著名なAV男優のしみけんさん。

おめでとうございます!!

そして今回、事実婚という形をとったことに

興味を持ちました。

既存の結婚という概念にとらわれず、人生のパートナーを

選んだはあちゅうさん。

はあちゅうさんの事実婚発表を機に、

事実婚について考えてみました。

スポンサーリンク

事実婚は内縁関係と同義。入籍とは何が違うのか?

事実婚とはいわゆる「内縁関係」にあたります。

今回のはあちゅうさんの発表は

「しみけんさんと内縁関係を結びました」という報告でもあります。

結婚と事実婚の違いは一体なんでしょう?

調べると、お金の面で良くも悪くも自由ということがわかりました。

夫婦で同姓を名乗る必要がない

はあちゅうさんは自分の本名よりもはあちゅうという名前を優先して

活動をしていますが、苗字を変えるとなると、何かと面倒になるでしょう。

今後のはあちゅうとしての活動を続けるにあたり、余計な事務手続きを

せずに活動に集中できるという意味でも事実婚はメリットと言えます。

 

遺産の相続権がない

一般人にとってはお金に関わる問題は大きいものですが、

はあちゅうさん自身、既にかなり稼いでいるので、お金に執着する

必要はないと考えます。

むしろ、結婚をすると相続の権利は親兄弟などの親族と

分散するので、トラブルの元になります。

お金がじゅうぶんある人にとって、相続の権利なんて

面倒なもの以外のなにものでもない、という事なんでしょう。

 

姻族関係がない

法定結婚では家同士が繋がるので、相手(しみけんさん)との

婚姻関係の他にも両親や兄弟などにも「義理の○○」といった

関係が成立しますが、事実婚の場合はあくまで本人と相手のみの関係です。

いわゆる「親戚づきあい」がありません。

お正月や盆に親戚が集まるのはよくある話ですが、

そういった集まりに顔を出さなくても良いという事です。

むしろ、そんな場に顔を出すのはちょっと違うという

話になってしまいます。

ヘタに顔を出すと「親戚でもない人がなんでいるの?」

というツッコミをされてしまう立場になります。

 

スポンサーリンク

子供ができた場合、相手の男性が「認知」さえすればほぼ問題なし

もし、子供ができた場合は「非嫡出子」扱いとなります。

法定結婚ではない子供は「嫡出子」とされ、明確に区別しているのが

現代の法律ではありますが、父親であろう相手が「認知」さえすれば

面倒な問題はほぼ解決できます。

父親の姓を名乗る事も、父親側のほうに籍を入れる事もできます。

認知されればほぼ問題はないと言えるでしょう。

 

保険の加入は注意が必要

内縁関係にあたる場合、損害保険や生命保険の規定をよく確認する

必要はあるでしょう。

例えば、死亡保険金の受け取り人は配偶者のみとなっている場合は

内縁の妻の場合は受け取れない場合があります。

また、自動車保険においては保険加入者と配偶者は同じ人と

見なされて、保険の対象の範囲となりますが、内縁の妻の場合は

保険の対象とならない場合もあります。

 

はあちゅうさんの事実婚の選択は極めて合理的

法定結婚は法律によって保護もされる一方、義務も発生します。

それは主にお金に関わる問題が発生した時に生じることが多いようです。

しかし、はあちゅうさん自身は金銭面では困る事は考えにくく、

むしろ結婚によって自由が妨げられるデメリットの方が大きかったのでしょう。

また、あまりにも有名であり、アンチも多いといったことから、

結婚によって近い親族に対して無駄なとばっちりを事前に防ぐ目的で

事実婚を選択したという事も考えられます。

 

事実婚は新たなパートナーシップの形となる

今回のはあちゅうさんの事実婚の発表により、

結婚と内縁関係のメリット・デメリットを考えるきっかけになりました。

結論としては、お金や法律に関してなんの介入も必要としなければ、

事実婚は非常に合理的。

もし、今後の環境が心境が変わって事実婚を解消するようなことが

あっても法律で縛られることが少ないぶん、泥沼化することは

考えづらいでしょう。

あくまで個人同士の繋がりを尊重し、それが親戚づきあいにも及ばない。

既存の枠組みにはまらないはあちゅうさんらしい選択だなと、

個人的にはとても感心してしまいました。

この事実婚という形が、結婚とは異なるもう一つのパートナーシップの

形として、これからのカップルの形になる可能性もあるのでは・・・

と、勝手に想像しています。

これを機に、既存の法律の枠にとらわれない新しい夫婦の形が

ふえていけば、日本はまた新しい時代に向かって一歩進んだことになるでしょう。

 

スポンサーリンク