はたがやレバー古河店、復活!?レバ刺しが無くても満足できるお店に進化してるか確かめた!

B級グルメ

食いしん坊の仲森さとる(@SatoruNakamori)です。

古河市内で良くも悪くも?話題となっている幡ヶ谷レバー古河店に行ってまいりました!

はたがやレバー古河店といえば、レバ刺しがウリでしたが諸事情によって提供できない現在。

そんな中で、どんなメニューで楽しませてくれるのでしょうか・・・!
古河駅から歩いて6分程度の徒歩圏内ですが、駐車場もあるのでクルマもOKです!

 

スポンサーリンク

はたがやレバーのウリはレバ刺しだけじゃない!実力派メニューの数々

残念ながらレバ刺しは注文できませんでしたが、結論からいうと充分満足できました!

ひとつひとつご紹介していきます!

からあげグランプリで金賞を受賞!鳥の唐揚げ

まずは名物のからあげ。1つ1つが大きいです。

こちら、3個で300円。1個がしっかりと大きいので2〜3人だったらこれで十分でしょう。
普通盛りにすると他のメニューが食べられなくなってしまうかも。

揚げたてアツアツ。普通にかじると間違いなく口の中が火傷しますのでご注意。
ハフハフ言いながら、ビールを流し込む・・・最高です!

ちなみに、お通しについている野菜味噌は塚田農場っぽい甘味噌。
これだけでもお酒が進んじゃいます。

ちなみに、はたがやレバーの唐揚げは日本唐揚協会なるところで金賞を受賞

どれくらい凄いことなのかは判りませんが、美味しいことに違いはありません。

はたがやレバーといえばやっぱり串焼き!

メインメニューを開くと、真ん中にあって最も見やすい位置に書いてあるのが串焼きです。

今回は初めてなので、オススメマークが付いている串焼きを中心にチョイス。

あぶホル(脂付き小腸)とシマホル(大腸)です。
どちらも柔らかさと適度な歯ごたえ、口の中に広がる脂の旨味がたまりません。
この絶妙な焼き加減は職人さんならではですね・・・!

もう少し焼きを食べたいと更にお店のオススメを中心にチョイス。

右から上牛タン、ゲタカルビ、ハラミです。
仙台にわざわざ行かなくてもここで牛タンが楽しめるんじゃないかと錯覚する美味さ。

王道のカルビはしっかりと脂の旨味を主張し、ハラミは旨味がありつつも後味はしっとりさっぱり。

スポンサーリンク

はたがやレバーの一品料理はどれも個性的な逸品

サラダはわりとどのお店でも一緒に見られがちですが、
一際目立った変化球はこちらのポテトサラダ。

一見、普通のポテサラに見えますが、燻製たまごといぶりがっこが入っており、
スモーキーな香りが楽しめる他、ポリポリとした食感も楽しめます。

さらに注文したのはこちら!

タルタルソースのレバカツです。
本当は牛カツが食べたかったのですが・・・残念ながら欠品中とのこと。

チキン南蛮風にタレに浸してありながらもサクサクのレバカツをタルタルソースで食べれば、
レバーの臭みも気にならずに美味しく食べることができます。

これならば、牛カツも期待できそうです。。。次回に期待しましょう!

そしてシメはこちらに。

欠品中の担々麺の代わりに注文したのが・・・・

馬刺しの握り寿司です。

薬味をニンニク、ワサビ、しょうがの3種類から選べるとのこと。
寿司のシャリはちゃんと酢飯を使っているとのことなので、ワサビを選びました。

馬肉は軽く炙っており、旨味は残しつつもさっぱり。
赤身と中トロの中間くらいのイメージでしょうか。
酢飯と馬肉の相性もバッチリです。
ワサビを選んで正解でした。

 

はたがやレバーは芸人さんも御用達!?よく見かける名前があちこちに・・・!

はたがやレバーの店内には、芸人さんが贈ったであろう開店祝いが多数。

トイレの一番目立つ場所に宮迫さん。

下町ロケットに登場していた坪倉さんに、はんにゃの川島さん。

渋谷の本店では、芸人さん御用達のお店なのかもしれませんね〜。

 

はたがやレバーの評判は!?絶賛される一方で・・・・

世間の評判でもはたがやレバーは好評のようです。

しかし・・・!

おぉぉぉ!
後で調べて気づいたのですが、そういうことでしたか。。。。!

美味しいお店なのに、勿体なさすぎる・・・!そしてレバ刺しも食べたい・・・!

なぜかレバ刺し以外にも品切れが多いメニュー。美味しいので次回にも期待!

今回、レバ刺しを目当てに入店しましたが、注文できなかったのはレバ刺しの他にも、
牛カツ、担々麺が食べられずと、それだけは残念な結果となってしまいました。

それでも、注文したものは全部美味しかったので次回にも期待したいです。

ごちそうさまでした〜!

 

スポンサーリンク