まだクルマ買取店で査定してるの?ポンコツ車を高く売る唯一の方法

今日もクルマの営業してます、ナカモリサトル(@SatoruNakamori)です。

クルマを乗り換えるときに、必ず考えなくてはいけない事が、

今までのクルマをどうするか?

ですね。

もし、下取り予定のクルマの査定額が
1〜2万円程度だったら、是非試してほしい方法があります。


・ディーラー下取りはなぜ安い?

ディーラーやクルマの販売店で自分のクルマを査定すると、
買取店よりも安くてがっかりした、なんて話をよく聞きますが、
実はそれにはちゃんとした理由があるのです。

クルマを注文してから、納車に至るまでどれくらいの時間が
かかるのか?中古車でもおおよそ2週間、新車ならば最低1ヶ月、
長いと4ヶ月くらいかかります。

当然、納車まではこれまでのクルマに乗り続けなくてはいけません。
その間にもクルマの買取相場は動き、基本的には査定額は
下がる一方です。

新しいクルマを納車後、名義変更などの諸手続きを経る過程の中で
時間は過ぎ去りクルマの価値はどんどん下がっていきます。

それでも、ディーラーでは当然、納車まで原則クルマは
いつも通りに使い、納車と共に新しい車と交換という形をとります。

なので、納車して引き渡し後、手続きを経て自由に処分できるように
なるまで時間がかかるのです。

なので、査定後、リードタイムを経て自由に処分ができるまでの
間の価値の目減りも踏まえて、値付け担当をしているのです。

査定額は低いですが、車検が有る限り、納車の引き渡しまで自由に
乗っていられるから、ディーラーの下取りはどうしても安くなってしまうのです。


・クルマ買取店の落とし穴

では、クルマ買取店の場合はどうでしょう?
もし、あなたが売りたいクルマが高年式だったら、
複数のクルマ買取店に査定を依頼し、もっとも高く
売ってくれる所にクルマを売れば良いのですが・・・

買取店の営業としては「すぐに売ってください!」と
今すぐにでも売却を迫ります。

確かに、相場よりも高く買い取ってくれる可能性もありますが、
すぐに売ってください!という話になり結構面倒くさい話に
なります。

・買い取ったクルマは何処へ行く?

ディーラーや買取専門店はズバリ、解体業者へポンコツ車の
処分を依頼します。

クルマの買取店やディーラーと解体業車は何が違うか?

答えは

買取店・ディーラー =  クルマの価値で買い取る

解体業車      =  鉄の塊として買い取る

解体業車はクルマをクルマとして見ていません。
鉄の塊として見ています。

私たちから仕入れたポンコツ車は、正直二束三文の金額。

しかし、鉄の塊としてみれば、解体業車からみれば宝の山です。


・ポンコツ車は解体業車に持って行こう!

ディーラーもクルマ買取店も、買い取ったポンコツ者は
最終的には解体業車へ売却し、わずかな利益を得るというのが
パターン。

それならばいっその事、ポンコツ車であればクルマの解体業者
へ直接クルマをもっていけば、中間マージンもへり、
より高く売ることができるのです。

ポンコツ車に限った話ですが、直接解体業車に
もっていくというのは有効な手段です。

買取業車で1万円しか値段がつかないクルマでも、
解体業車ならば5万円で買い取ってくれるのも夢ではありません。

「クルマ 解体」で検索すると色々な解体業車の情報が
はいりますから、お近くの解体業車にて、一度話を聞いてみることを
お勧め致します!

 

スポンサーリンク