つけ麺の新ジャンル登場!?麺堂稲葉の昆布水つけめんが新しすぎてTV取材されてもおかしくないレベル!

B級グルメ

ラーメン大好きナカモリサトル(@SatoruNakamori)です。

今、北関東で最もアツいとラーメン店とされる麺堂稲葉

またやってくれました!

スポンサーリンク

つけ麺の新ジャンルといっても過言ではないメニューが登場!

稲葉のツイッターで久々の新メニューのお知らせが!

「濃厚鶏清湯の昆布水つけめん」!

あ、味の想像が出来ないけど、美味しそう・・・!

最近は信頼ある店であれば、味の想像が出来ないメニューに

より興味を惹かれる傾向あり。

これは食べなくてはならない・・・!

しかも限定ならば早めに行かなくては・・・!

 

ということで、さっそく麺堂稲葉へ!

都合をつけて開店前に並びました。

最初は通常のメニューしか配られなかったのですが、

後から追加で配られたメニューがこちら。

そう。これこれ。

これを試したくて並んだのですよ!

しかも最初は麺を塩で食べてとか、ニクいじゃないですか。

今日の稲葉は迷わずこれでいきましょう!

濃厚鶏清湯の昆布水つけめんとご対面!満喫しまくろう!

ウホッ!

美味しそうです!

それぞれしっかり見ていきましょう・・!

まずはつけめんの麺!

透明感のある麺が美しい。

細麺の角が四角く張っていて、見るだけで麺のコシが伝わってきます。

「昆布水」といわれているように、ひたひたの水に浸かっている他、

きざみ昆布もトッピングに。

こんなつけ麺は初めてです!!

これが昆布水

麺にひたひたと満たされている昆布水だけをすくってみました。

飲んでみるとトロリと口の中であの昆布のヌルヌルした感じが広がります。

そして鼻を抜ける昆布の香り。生臭さなんて全くありません。

普通の水ならば、麺がのびてしまうのを心配してしまいますが、

この麺と昆布水ならば昆布独特のぬめりによってしばらくの間のびることも

なさそうです。

スポンサーリンク

麺はまずは何もつけずにそのまま食べる

この長くともしっかりピンと力強い麺。

そのまま食べると舌触り、昆布水によって滑らかになった喉越し、

かすかな昆布の香りが感じられます。

 

そして、塩。この塩も普通の塩ではなく岩塩で、

かすかにピンク色をしています。

ちょっと箸に塩をつまんで、そのまま麺をツルリといただきます。

いやはや、麺を塩で食べさせるお店ってのは、つけ麺会ひろしと言えども、

ここ麺堂稲葉くらいなんじゃないでしょうか。

素材に自信がないと塩だけで食べてとは言えないはずです。

シンプルだけど、あとを引く美味しさです。身体が喜ぶ感覚さえあります。

そして、いよいよスープ!

表面にうっすらと浮いた脂がちょっとクドそうに思われがちですが、

そんなことはありません。

鶏と節の濃厚な香りが重なり、なんともいえない・・・!

チャーシューとメンマも素晴らしい

つけ麺ダレに沈んだ大きなチャーシュー。

箸ですぐに崩れる柔らかさ。赤身と脂身のバランスも絶妙です。

メンマは歯ごたえよりも柔らかさが特徴の穂先メンマ。

スープとの一体感を忘れずに、歯ごたえのアクセントを与えます。

煮卵も変わらず絶品!

煮卵は形が崩れたガチャ玉は別トッピングですが、これも忘れてはいけません。

箸で割るとこの絶妙な半熟具合とダシの染み込み具合。

味玉に手を抜かないラーメン店は美味しいラーメン店の一つの基準といっても良いかもしれません。

 

麺堂稲葉の濃厚鶏清湯の昆布水つけめんはどのジャンルにも属さない新ジャンルつけ麺!

今回も稲葉はやってくれました。

既存の食材をパズルのように組み合わせて新たなカタチを出していく

その姿勢にはいつも脱帽の思いです。

期間限定メニューでもあるので、稲葉常連ならばお店に急ぎましょう!

もし、初稲葉ならばこのメニュー以外でも美味しいものがたくさんあり、

どれを選んでもハズレではありません!

今回も参りました!ごちそうさまでした。。。。!

 

古河市の麺堂 稲葉は万人が熱狂するB’zのようなラーメン店

2018年9月21日

古河市のラーメン店「稲葉」の冷やし煮干しつけめんはラーメンの新しい境地!

2018年8月19日
スポンサーリンク