【インデアンカレーの謎】金沢、大阪、帯広の違い。独自に発展した食文化!

B級グルメ

くいしんぼうのナカモリサトル(@SatoruNakamori)です。

先日、インデアンカレーを食べにいったときのことをブログ記事に

しようと、リサーチをしていると興味深いことを発見。

あのお店、調べてみよう。「インデアンカレーで検索」っと・・・・

おろ?

どうやら、「インデアンカレー」で展開しているカレー店は3つあるようです。

金沢、大阪、帯広と、バラバラの地域で同名のカレー店が展開していったのだとか。

金沢、大阪、帯広、それぞれのインデアンカレーの特徴、違いについてまとめました!

スポンサーリンク

金沢のインデアンカレー

今回、茨城県古河市に新規オープンしたのは金沢のインデアンカレー。

既に「金沢カレー」自体がひとつのブランドとして知られています。

トロミの強いカレーにトンカツ、千切りキャベツをステンレスのワンプレートに

乗せて、先割れスプーンで食べるのが特徴です。

 

金沢のインデアンカレー様のHPより引用

メニューにスパゲティもある

「昔懐かしい洋食屋さん」というコンセプトなので、カレーだけでなくて

スパゲティのメニューも豊富です。

金沢のインデアンカレー様のHPより引用

ちなみに、インデアンカレー古河店はカレーのみでした。

古河店はフランチャイズとのことで、本店のみの展開かもしれません。

金沢はアメリカンインディアンがモチーフ

インデアンというだけあって、インデアンをモチーフとした

キャラクターが看板として掲げられています。

金沢のインデアンカレー様のHPより引用

ご覧の通り、アメリカインディアンですね。

アメリカ原住民をモチーフにしたキャラクターです。

お店の人曰く、アメリカ原住民のインデアンは食事を

輪になって皆で食べる習慣があったそうです。

金沢のインデアンカレーの創業者も、皆で食事を共にして

団欒の時間を楽しんでほしいという思いを込めて

「インデアンカレー」と名付けたんだそうです。

 

 

大阪のインデアンカレー

次に大阪発祥のインデアンカレー。

大阪のインデアンカレー様のHPより引用

 

付け合わせはキャベツのピクルス。

最初は甘口、旨味が広がった後に強烈な辛さが特徴。

口の中で織りなす甘さと辛さのコントラストが魅力で

リピートするお客様が多い、大阪グルメの代表格だそうです。

辛さを和らげる為、生卵(卵黄のみ)をトッピングするのが

定番の食べ方だそうです。

大阪のインデアンカレー様のHPより引用

カレーの他にもスパゲティ、ピラフ、ハヤシライスなど

金沢のインデアンカレー同様、カレー以外にもメニューがあります。

大阪のインデアンカレー様のHPより引用

スポンサーリンク

大阪はターバンを巻いたイースト・インディアン

金沢がアメリカ・インディアンに対し、大阪のインディアンは

ターバンを巻いています。いわゆる「インド人」という意味で

使われるイースト・インディアンという事ですね。

甘さと辛さが混在する複雑な味からも、

本場のインドカレーを彷彿とさせるカレーであることがわかります。

 

帯広のインデアンカレー

最後は帯広のインデアンカレー。

帯広のインデアンカレー様のHPより引用

金沢のインデアンカレー同様にステンレスのお皿で提供されるのが定番のようです。

帯広のインデアンカレーは3種類のルーが特徴。カレーだけで勝負!

帯広のインデアンカレーは3種類のルーがあり、メニューによって

異なるルーが使われているようです。

帯広のインデアンカレー様のHPより引用

これらのルーに、カツやハンバーグ、エビといったトッピングを組み合わせるのが

帯広のインデアンカレーの楽しみ方。

3種類のカレーがある一方で、スパゲティなどの他のメニューはありませんでした。

 

帯広のインデアンもターバンを巻いている

帯広のインデアンは、大阪のインデアンとひっじょ〜によく似ているのが

気になるところです。

ターバンを巻いた横顔のインド人・・・・商標的に大丈夫なのかは

気になりますが、どちらも地域に根付いたカレー店なので、大目に見ていると

いうことなのでしょう。

いったいどこが元祖?もっとも歴史のあるインデアンカレーは?

創業の年を順に追っていくと

大阪 1947年(昭和22年)

金沢 1964年(昭和39年)

帯広 1968年(昭和43年)

とあり、大阪のインデアンカレーがもっとも古い歴史である

ことがわかります。

大阪は戦後直後に生まれ、金沢と帯広は高度経済成長期に

それぞれ生まれ、各地域で独自のカレー文化を育んでいったことが

考えられます。

各地で独自に生まれたインデアンカレー。

その名前に込められた思いも、こだわりの味も三者三様。

先日の金沢に続いて、大阪、帯広のインデアンカレーも制覇したいものです!

茨城県古河市のインデアンカレーで金沢グルメを気軽に楽しむ!

2018年10月12日
スポンサーリンク