古河市唯一のからあげ専門「寺田商店」はあの丘里グループで安定の満足感!味もボリュームも申し分なし!

B級グルメ

いつもランチは弁当持参の勤め人、ナカモリサトル(@SatoruNakamori)です。

とびきり美味しい唐揚げが食べたい・・・!
休日のランチくらいは冷凍食品じゃないからあげが食べたい!と思った私。

そんな訳で行ってきました寺田商店

寺田商店は最近、茨城・栃木を中心に展開している持ち帰り専門の

から揚げ店です。

スポンサーリンク

古河市の寺田商店はどこにある?

寺田商店は旧総和町の下辺見にあります。

近隣にカーフレンド共栄があり、ラーメン店の奥にあるので

見落としてしまいました(^◇^;)

営業時間 / 10:30〜21:00(年末年始を除いて年中無休)

古河市の寺田商店の外観・店内は?

オリジナルののぼりが食欲をそそります。

季節がら、今はカキフライもあるようですね!

寺田商店はどうやら、茨城県の龍ケ崎市が発祥のようです。

寺田商店のHPでもその話に少し触れていました。

もともとラーメン店の人気サイドメニューだったからあげをお店に

したのが始まりだとか。

ニンニク・生姜で漬け込み、味の決め手が清原醤油

清原醤油は同じく龍ケ崎にある老舗の醤油屋さん。

地ビールならぬ地醤油を使うことで龍ケ崎の名物を名乗っています。

スポンサーリンク

古河市の寺田商店は丘里グループ。森ファームのお米を使っている!

入り口にはこんな張り紙が。

地元古河市の森ファームのお米を使っている、とのこと!

さらに店内にはこのようなPOPが。

寺田商店の中でも、こちらの総和店と野木店だけが丘里グループのようです。

丘里グループといえば、古河市内に複数の飲食店を展開するグループ。

丘里では森ファームのオリジナルブレンド米を用いており、こだわりの一つとしています。

寺田商店で森ファームのお米が味わえるのはこちらの総和店と野木店だけなんですね!

古河市 寺田商店の店内に入り、早速注文!

店内はチラシが貼られており、それがそのままメニューになっています。

「おすすめ」とある甘タレあいもり弁当を注文しました。

待つこと5分ほどでお弁当として完成!

包み紙が可愛らしく機能的です笑

大・普・小とあるのはご飯の量です。

フタをオープン!

普通盛りながら、かなりのご飯の量です。

梅干しとかごま塩とかはなく、シンプルにゴハンのみ。

さすがゴハンがすすむ唐揚げを標榜しているだけあり、

余計なものはいらないとの判断でしょう。

古河市 寺田商店 あいもり弁当を実食!

まずはスタンダードな醤油味のから揚げ!

表面がサクッとしておりプリプリとした鶏肉の食感が

口の中で心地よく弾けます。

そして広がる醤油・ニンニク・しょうがの香り。

この三重奏こそが寺田商店の真骨頂と言えるでしょう。

これはゴハンが進みます。ご飯だけでなく、ビールでも

良いでしょう。

奇をてらわず、王道のから揚げの一つの理想形がここにあり、

といえます。

そして甘だれから揚げ。

白ごまが振ってあり、ちょうど名古屋の手羽先のような

甘辛い味付けになっています。

手羽先とは違い、骨を気にせず丸かじりできるのが嬉しいです。

こちらもご飯もビールもすすむ味。

そして森ファームのお米はちょっと固めに炊いてあるものの、噛むほどに

甘みが増し、ジューシーでパンチの効いたから揚げとの相性もバツグンです。

あっという間に完食してしまいましたが、かなり満腹です・・・・!

あい盛りにすることで同じ唐揚げでも味の変化が楽しめ、食べ飽きることなく

食べ進めることができました・・!

少食な方、もしくは女性は普通盛りだと持て余してしまうかもしれません。

今回はランチで利用しましたが、次回はビールのお供や、

ホームパーティも持ち込みなどでも利用したいと思います!

ごちそう様でした・・・!

 

スポンサーリンク