くら寿司のかに茶碗蒸しリゾットが斬新すぎる!飲んだ後のシメにオススメ!

B級グルメ

愛妻家のナカモリサトル(@SatoruNakamori)です。

妻がお寿司が食べたい!というのでサクッと行ってまいりましたくら寿司。

平日の夜だというのに広い駐車場はほぼ満車という繁盛っぷりです。

スポンサーリンク

くら寿司のかに茶碗蒸しリゾットが美味しすぎて感動

今回のくら寿司で最も感動したのがこちら。

かに茶碗蒸しリゾット。

ほぐしたカニの身とチーズがトッピングされています。

彩りの三つ葉は注文時にナシにする事もできるので香りが苦手な方は

抜いてもらいましょう。

タッチパネルでこのように注文することができます!

この茶碗蒸しリゾット、とあるテレビ番組のくら寿司特集で没メニュー

として取り上げられたものの、出演者に大好評だったもの。

それを機に期間限定で取り上げられ、それ以降定番化した経緯があります。

早速いただきましょう!

スプーンで一口すくった様子がこちら。

茶碗蒸しとしては、いわゆる「す」(細かい穴)が空いた状態では

あるものの、そんな些細なことはどうでも良いのです。

肝心なのは味ですからね。

くら寿司のカニ茶碗蒸しリゾット、最初の一口目は・・!

最初の一口は普通の茶碗蒸しかと思いきや・・・

おぉ、お米の感覚が!しかも甘酸っぱい・・。これはシャリ!

ぷるんとした茶碗蒸しにモチモチとしたお米の食感、

そして酢飯の甘酸っぱさがアクセントになり・・これは新感覚!

器にはしっかりとシャリが入っていて、

これだけでそこそこのボリューム感があります。

お米が茶碗蒸しのダシを吸って増えているっていうのも

あるからでしょう。

更に食べ進めていくと、

カニの爪が入ってました。

これでいかにもカニ!って雰囲気が出て、(食べづらいですが)良い演出です!

スポンサーリンク

くら寿司の茶碗蒸しリゾットは、もはやリゾットを超越した異次元メニュー

これがリゾットなのかと問われれば、うーん、正直なんとも言い難いですが、

美味しいことに変わりはありません・・!

むしろ、お酒を飲んで良い感じに酔っ払った後のシメにちょうど良い感じ。

身体も温まり、満足度の高い一品でした・・!

もともと茶碗蒸し好きな私にとってはリピート確定です。。!

くら寿司のお寿司もしっかりと美味しい

その他にも頂いたものがこちら。

天然ぶりタタキの生姜醤油ヅケ。

脂っぽいブリがタタキにすることで脂が

適度に落ち、生姜の爽やかな香りがアクセント。美味しいです!

 

こちらのキンキの炙りもいい仕事してます・・・!

のどぐろの炙りも脂が乗って、いい感じです・・!

お寿司のメニューももちろん美味しいのですが、

やっぱりインパクトがあったのは茶碗蒸しリゾットですね・・!

ぜひ、一度お試しあれ!

 

スポンサーリンク