自動ブレーキは後付け出来る⁉︎モービルアイであなたのクルマに先進安全装備を!

クルマ

クルマが大好きなナカモリサトル()です

現在、新車として販売されているクルマのほとんどには自動ブレーキ機能が

付いています。ここ3〜4年で一気に普及してきた印象です。

しかも性能も格段に向上。

現在販売されている新車においては、クルマを検知する自動ブレーキから

歩行者も検知する自動ブレーキへと性能も進化しています。

この技術の進歩はめざましくまるでスマートフォンのような

変化のスピードで性能がアップデートしています。

そんな中、

自動ブレーキ付きのクルマに乗り換えたいけど、今のクルマも気に入っているし、新車に乗り換えたいわけじゃない。
新車が買えるような状況じゃないよな・・・・

そんなあなたにはモービルアイ社の後付けのシステムの取り付けをオススメします!

更新:現状、モービルアイの自動ブレーキシステムは注意喚起する

後付タイプは新品での販売はなく、一部ヤフオクなどで中古品が出回っている状況です。

この記事ではモービルアイの商品の紹介と機能が類似した商品の紹介をしています。

そもそもモービルアイってどんな会社なんでしょう?

スポンサーリンク

VOLVO,BMWなど多くの自動車メーカーがモービルアイのシステムを導入

モービルアイはVOLVO、BMWに運転支援システムを供給する

テクノロジーカンパニーです。

VOLVOにおいては何よりも安全・安心をクルマづくりの哲学としている

プレミアムブランド。そのVOLBOが技術力に惚れ込み、自社開発よりも

モービルアイの技術を導入した方が良いと判断しました。

BMWにおいては上位車種に位置する5シリーズ以上にシステムを

導入している事からも、そのブランド力を維持する為に同社の

製品は欠かせないものと言って良いでしょう。

 

モービルアイはイスラエルに研究所を構えるインテルグループの1社

イスラエルといえば、今でも紛争が絶えない中東地域。

主要システムである単眼カメラとミリ波レーダーの研究開発は

軍事レベルの水準で行われています。

更に、パソコンの脳にあたるCPUを供給しているインテルの

傘下にあることも技術力の高さの裏付けです。

 

最大の安全装置は「人間そのもの」

事故を起こすつもりで運転する人間はいない

 

大切な人や家族と一緒のとき、

「事故しても仕方ない」と思いながら運転する人はいません。

どんなに技術が進歩しても、「事故を避けたい」と

最も考えているのは人間です。

最先端のシステムよりもドライバーの気持ちが勝るのです。

 

しかし、人間はミスをする

 

常に細心の注意を払って運転できれば良いのですが、

必ずしもそうとは限りません。

ちょっとした油断や疲れによる注意散漫、

いつもの慣れた道の油断・・・・

ちょっとしたマイナス要素が加わるだけで

「正しい認知」「正しい判断」「正しい操作」の

判断を誤ってしまうのも人間なのです。

 

「自動」ブレーキは最後の手段。注意喚起で事故は防げる

現在流行りの自動ブレーキは万能ではなく、

自動ブレーキが作動する前にドライバーに注意喚起を促す

警報が作動し、ドライバーのハンドル操作やブレーキ操作を

促す仕組みです。

それでも間に合わないとクルマが判断するとブレーキが作動、

という流れですがテレビCMのように必ずしも

「ふぅ〜・・・」で済むシーンばかりではありません。

実際には「衝突しちゃったけど、被害は最小限に食い止めた」

という意味合いで自動ブレーキが機能するシーンもあります。

衝突の危険を告知するモービルアイ

カメラとレーダーで危険を察知

モービルアイは単眼カメラとミリ波レーダーを併用し、

前方の車両や車幅を認識。危険を察知してから正しい判断を

するまでに必要な2.5秒をできるよう、運転時に周囲を

センシングします。

クルマに後付けで設置し、システムを起動させれば

既存のクルマでも先進安全装備が搭載されます!

 

スポンサーリンク

音と点滅で告知する

クルマが危険な状態と判断するとモービルアイは

音と光で危険発生を告知し、ドライバーへ注意喚起します。

詳細はこちらの動画をご覧になればイメージできます。

 

アイサイトのスバルもモービルアイを導入⁉️

スバルはステレオカメラ(2台のカメラ)で人間の目のように

クルマや車線を捉えるというシステムですが、夜間や天候の変化に

弱いという弱点があります。

アイサイトの自社開発に限界を感じているようで、次回の

スバル製品群からモービルアイのカメラを追加し、

トリプルカメラ(3台のカメラ)で運転支援システムを

導入する可能性もあると噂されています。

情報源:カーセンサーのこちらのサイトより

モービルアイで出来ること

車両検知、歩行者検知

走行中、先行するクルマの存在を認識します。

自車と先行車の距離の変化を察知し、状況の変化に

応じて対応する準備をとります。

システムとしては単眼カメラとミリ波レーダーを用い、

日中、夜間を問わず、かつ歩行者の検知も可能です。

 

前方車両衝突警報

1の車両検知により、前方の車両と急接近していると察知すると

危険を示す警報を発動。ドライバーのブレーキを促します。

 

車線逸脱警報

カメラによって道路に描かれている車線も把握。

日中だけでなく夜間や悪天候でも車線を把握し、逸脱時には

警報を発し、車線中央へ導くよう、ドライバーへハンドル操作を

促します。

モービルアイは後付けが可能

特筆すべきは世界最高レベルの先進安全装備が

後付けで可能という事です。

自動ブレーキや安全装備は充実させたいが、

今のクルマも気に入っているんだよね・・・

という方には是非知ってほしい商品です。

モービルアイ、今後も製品と技術の進歩に注目です!

モービルアイに興味がある方は日本代理店である

ジャパン・トウェンティワン社に問い合わせてください。

購入と取り付けができるお近くのお店を紹介してくれます。

モービルアイ製品と同様の機能を擁した商品はこちら!

ユピテル社が提供している後付の赤外線レーダー装置「マエミテ」。

前方衝突警報と車線逸脱警報が搭載されたドライブレコーダー「PAPAGO(パパゴ)

居眠り運転、脇見運転を防止する警報機「OKITE(オキテ)

スポンサーリンク