【自家製あん肝の作り方】蒸し器が無くてもカンタン!居酒屋のあの味を自宅で!冷凍保存&解凍法も!!

B級グルメ

食いしんぼうの仲森さとる(@SatoruNakamori)です。

近所のスーパー、マルエツにて生のあん肝を見つけてしまったワタクシ。

冬の居酒屋の定番メニューでもあるあん肝。

スーパーで生あん肝を見つけたところで、どうやって調理するんだ・・・・?
そんな方の為に超カンタンな蒸しあん肝の作り方をお伝えいたします!

スポンサーリンク

あん肝の作り方1 生あん肝を仕入れる!

まずはとにかく生のあん肝です。

近所のスーパーであん肝を手に入れましょう!
・・・と言いたいところですが、ここまで立派なあん肝を取り扱ってるスーパーは限られます!

私の知る限りではマルエツでは定期的に生のあん肝を仕入れているようです。
あとは漁港近くの鮮魚売り場に直行するのが一番手堅いですね。

アンコウといえば茨城県。
大洗や日立、那珂湊や北茨城まで行けば近郊で獲れたあん肝もゲットできます。

そこまで行くのは大変なので、近所のスーパーを探してみましょう!
食材を豊富に取り揃えた大規模スーパーの方が見つけやすいはずです!

 

あん肝の作り方2 スジ、薄皮、血合いを取る

あん肝をゲットしたら、次の行程です。
まずは、あん肝についているスジや薄皮、血合いを取っていきましょう。

パックから取り出した生あん肝。
正直、なかなかグロテスクです。苦笑

下記のようにスジを引っ張り出して、取れるだけ取っておきます。

さらに、あん肝全体を覆っている薄皮や、赤黒くたまっている血合いも取っておきましょう。

全てを取り除くのは大変ですが、ざっくり6〜7割取れればそれで大丈夫です。
ここの行程が一番面倒ではありますが、ここの下処理を行っておくと、
蒸しあがったあん肝を食べる時にスジや皮で味を損なうことがなくなります。

この一手間が、美味しい手作りあん肝の決めてになるのです。

あん肝の作り方3 酒、塩、水に漬け込んで臭みを取り、下味をつける

続いてこちら。
あん肝の臭みを取り、下味を付ける為に酒と塩、水に漬け込みます。

酒と水の比率は1:1。塩はあん肝の分量に合わせて大さじ1〜2杯で良いでしょう。
よーくかき混ぜて海水と同じか、ちょっとしょっぱい程度をイメージしてください。

常温のまま30分程度漬け込みます。

漬け込んでいる間に、あん肝を蒸す準備をしておきましょう。

 

あん肝の作り方4 あん肝を蒸す準備をする

あん肝を食べるには蒸す必要がありますが、蒸し器を常備している家庭ばかりではないはず。
もちろん我が家もそうなので、今回は蒸し器を使わずに他のもので代用してみました。

まず用意するのは鍋。

土鍋でなくても、ある程度大きくて深みのある鍋だったら大丈夫です。
パスタ鍋とか。

そしてちょっとした小皿。

このように、皿の縁が水平ではない、波をうった小皿が望ましいです。

この2つをこのようにセットします。

このように鍋の中に小皿を乗せ、小皿の下に水を貼ります。
この小皿を台として更に小皿を載せれば、簡易的な蒸し器の出来上がりです。

スポンサーリンク

あん肝の作り方5 あん肝の余計な水分を取り、アルミホイルで形を整える

さて、そんなこんなで常温で30分、酒と塩と水に漬け込んだあん肝を取り出しましょう。

キッチンペーパーで余分な水分を拭き取ります。
2〜3枚使えば十分でしょう。

そしてアルミホイルで包みながら形を整えます。

ある程度、太さを均一化して円筒状に形を整えていきます。

くるくると巻いて左右をギュギュッと絞って・・・

できたー!
不器用ながら、こんな感じでなんとかできました。

あん肝が1パックに2本あったので、もう1本同様に作っておきます。

あん肝の作り方6 あん肝を蒸す!所要時間は20分〜30分

あん肝を蒸す前に、火を均一に通す為に楊枝で穴を複数開けておきます。

プスプスっと、3〜4個所程度が目安でしょう。

準備が整ったら鍋にお湯を沸かして、あん肝をおきます。

この状態で蓋を閉じ、20分〜30分蒸しあげます。
時間はあん肝の大きさによってですが、写真のものくらいならば20分で大丈夫でしょう。

蒸しあがったら再度、爪楊枝で火の通り具合をチェック。
楊枝にあん肝が付いてなかったら火が通っている証拠。

そのまましばらく放置して粗熱を取り、冷蔵庫で冷やせば完成です!

中身はどうなっているでしょうか・・?

完成した自家製あん肝はこんな感じ!

アルミホイルを剥がしてみると。
おぉ〜。いい感じに蒸しあがっています。

このオレンジ色の油があん肝の特に美味しいところ。
適度に脂が乗っています。

もう一本もいい感じに仕上がっています。

多少カタチは不恰好ですが、家飲みだったらこれで十分。

あとは包丁でお好みの大きさに切り分けて、ネギやポン酢をつけて完成です!

 

残ったあん肝は、冷凍保存もOK!

もし、作ったあん肝が残ってしまったら、ラップに包んで冷凍しておきましょう。

冷凍したあん肝は、冷蔵庫で解凍すれば元どおりとなります。

朝冷凍庫から冷蔵庫に移しておけば、晩酌の時にはすっかり食べられる状態になっています。

以外にも簡単なあん肝の作り方。ぜひ、お試しください!

 

スポンサーリンク