食べ飽きた桃をまた美味しく食べられる簡単レシピ3選で銀座気分を味わう!

B級グルメ

食いしん坊のナカモリサトル(@SatoruNakamori)です。

友人から桃を丸ごと一箱いただきました!

いや〜ありがたい!

今年の桃は猛暑の影響で糖度も高く、追熟を

待たなくても充分甘い!

ちなみに、福島県に住んでる友人からの桃。

私にとって桃は夏の味。皮をむいて冷やして

ガブリとかじるのが一番美味しいです。

しかし、これだけたくさんあると、流石に

毎日食べると飽きてくる・・・・!

こんなに美味しい桃を食べ飽きるなんて罰当たりなので、

美味しく食べる為のアレンジを考えてみました!

 

スポンサーリンク

食べ飽きた桃をまた美味しく食べるアレンジレシピ3選!

銀座で飲んだら1杯1500円?ベリーニ

桃をジューサーにかけた100%桃ジュースと

スパークリングワインを一つのグラスに半分づつ入れて

軽く混ぜれば桃のカクテル「ベリーニ」の完成!

シャンパンがあれば完璧ですが、スパークリングワインで

充分でしょう。写真のスパークリングワインは近所のスーパーで

1000円程度の安価なものです。

強いて言うならば、味のタイプはブリュット(BRUT:辛口)を

選ぶのが理想です。

桃の甘さと果肉感を存分に味わえるカクテル、ベリーニ。

銀座など都心の本格的なバーでは1杯1500円以上で提供されるのも

珍しくありません。自宅であれば1000円程度でベリーニも飲み放題。

贅沢の極みです。

オススメのスパークリングワインはこちら!

定番なのがフレシネ。これを選んでおけば間違いないです!

フレシネでなくても、シャンパーニュ地方ではない場所にてシャンパン製法

で作られたスパークリングワインはハズレはないと思って良いでしょう。

(品質はシャンパンと同レベルで、生産地が違うだけでシャンパンと名乗れないだけです)

 

スポンサーリンク

生ハムメロンがあるんだから、生ハムピーチがあってもいいじゃないか。

賛否両論ある贅沢な食べ方「生ハム&メロン」があるんだから、

「生ハム&ピーチ」があっても良いんじゃね?

と思ってやってみました。

カットしたピーチに生ハムを一枚かぶせて。

振り切る為にブランデーもかけちゃいましたよ。

(上等なブランデーではありませんが、まぁ雰囲気で)

銀座の高級クラブとか行った事はありませんが、やっぱり

メニューに生ハムメロンとかってあるんですかねぇ・・。

一体いくらするんだろう?

銀座に行かなくても、雰囲気だけは自宅で味わいたいじゃないですか・・・!

 

肝心の味はどう?

ブランデーの香りと共に、桃の甘さが口の中に広がった直後に

生ハムの塩気が広がる・・・!

甘さと塩気のギャップが激しく、これは新感覚・・・!

生ハムは普段サラダなどに使われて脇役になりがちなところを

桃があえて脇役に徹する事で生ハムの魅力を最大限に引き出す。

贅沢の極みです。

原木から削った生ハムならば、さらに盛り上がること間違いなし!

 

生ハムとクリームチーズをシンプルに味わう

そもそも、素材そのものが既に完成しているので、

素人があれこれ手をかける必要はないわけです。

桃とクリームチーズのサラダという定番レシピがありますが、

サラダにする必要なんてありません。

ずばり、クリームチーズと桃のガチンコ勝負で良いでしょう。

これも銀座の高級クラブで出てきそう。盛り付けとか、

もうちょっと工夫すれば。※雑だってわかってますよ・・!

 

肝心の味は?

これも基本的には生ハムピーチと同じで、口の中で

甘みと塩気のギャップを味わうもの。

桃の甘さとフレッシュさが、こってりとしたクリームチーズを

リセットしてくれるので、無限ループで楽しめます。

こりゃ贅沢だ〜・・・・!

クリームチーズは定番のKiriが使いやすい!

 

銀座気分で桃を味わえば新たな魅力が発見できる

今回、桃をちょっとオシャレな雰囲気が感じられるような使い方で

新しい魅力を引き出してみました。

そのまま食べても美味しいですが、スパークリングワインとあわせたり、

生ハムやクリームチーズといった食材と組み合わせ、工夫次第で

まだまだ美味しく桃を楽しむことができますので、興味をもったら

ぜひやってみてください!!

スポンサーリンク