残価設定クレジットのメリットは?仕組みやデメリットも理解してクルマの買い方を考えよう

クルマ

現役カーディーラー勤め人のナカモリサトル(@SatoruNakamori)です。

最近、新しい車の買い方として普及してのが「残価設定クレジット」。

新車を検討しているお客様からも、

お客さま
残価設定クレジットで見積もりもらえますか?
と、言われることが増えてきました。

この残クレ、通常のクレジット払いと何がどう違うんでしょうか?

現役カーディーラーセールスの私が、残価設定クレジットについて

詳しく解説いたします!

残クレの違い・特徴を理解してあなたにあったクルマ選びの参考になれば幸いです!
スポンサーリンク

残価設定クレジットは「クルマに乗った分だけ払えばいい」

残価設定クレジットの基本的な考え方はこれです。

「乗った分だけ払えばいい」

通常クレジットは支払い期限を3年とか5年に設定し、

「期限内に全額支払う」が基本ですが、

残クレの場合は3年または5に期限を設定し

その間に使用したぶんのお金を支払えば良いのです。

言い換えると「所有した年月と走行距離のぶんだけ」

お金を払ってくれれば良いですよ、という考え方なのです。

新築の住宅を借りて住むのか、買って住むのか、そんな違いと考えてみましょう。

賃貸住宅はあくまで住んだ期間だけ支払えば良いですが、

所有住宅は全額支払うのが原則です。

残価設定クレジットは最初から「乗り換え」を想定して設計された仕組み

結論から言うと、残クレは3年または5年後に、ふたたび新車に乗り換えてもらうことを

意図したクレジットプランです。

10年同じクルマに乗るよりも、3年〜5年ごとに乗り換えてほしいのが

新車を販売しているディーラーの本音です。

3年〜5年のサイクルでクルマの乗り換えが増えれば、値ごろ感のある

良質な中古車の流通も増え、再販の利益も期待できるのです。

 

そこで、3年~5年後に売却したときに見込めるであろう、

下取り価格を最初から差き引き、月々の支払いを抑えて、

安く新車に乗れる仕組みが残価設定クレジットです。

(画像:ホンダファイナンス社のWebサイトより引用)

シンプルな具体例で残価設定クレジットと通常ローンを比較する

下記のケースで残クレと通常ローンを比較してみましょう。

ホンダ フィットを5年間でクレジットを組むケース

ベースのグレード13Gにオプション・諸費用や値引きも含めて

総額200万と仮定しましょう。今回は頭金はナシの全額クレジットで

考えます。

通常クレジットのケース

通常クレジットは200万円を5年間で全て支払うことになります。

つまり、60ヶ月で完済する計算なので、元本だけで毎月33,333円(+金利)となります。

残価設定クレジットのケース

残価設定クレジットの場合、5年後に残った残存価値(下取り価格)

は最初から差し引く、と言う考え方です。

(画像:ホンダファイナンス社のWebサイトより引用)

残クレの場合は5年後に再販を想定しているので、

その再販時の価格は据え置く計算です。5年後のフィットの

価値が60万円だとすると、140万円を60ヶ月で分割して

支払えば良いという計算になるのです。

よって、元本は23,333円となり、そこに金利がかかる計算となります。

このように月々の支払いを抑えて新車に乗ることができるのが特徴です。

残クレで残った残価はどうやって清算するの?

上記のケースで残クレで支払い続けた場合、残った60万円の

残価はどうやって清算するのでしょうか。3つの方法があります。

残価を支払う(クルマに乗り続ける)

60万円の残価を一括で支払う、もしくは分割で支払います。

分割の場合はまた別途、金利がかかります。

スポンサーリンク

新車に乗り換える

残価を支払う代わりに、クルマを手放します。

あわせて新車を購入します。

もし、その時のフィットの査定額が60万円を下回った場合、

残った残債は次のクルマのクレジットに組み込む必要があります。

もし、20万円の差額が発生していれば、20万円の債務を

上乗せされてしまうのです。

クルマを返却し終了

残価を支払う代わりに、クルマを返却して終了します。

もし、その返却時に想定していた距離を超える場合は、

その超えた分の距離数に応じて追徴金を支払わなくては

なりません。

その場合、1キロあたり10円〜50円を支払う計算となります。

もし、1キロ10円ならば、1万キロの過走行ならば10万円の生産が必要です。

 

クルマの維持費を考えると、残クレは賢い選択になる場合も

ここまでの話を踏まえると、残クレは

「一生クルマのローンを払い続けなくてはいけないじゃないか!」

と思ったかもしれません。

しかし、クルマの維持費を考えると、必ずしもそう言えない場合もあります。

クルマを所有するには、車検代やタイヤ交換代と行った維持費があります。

クルマに長く乗れば乗るほど、維持費は上昇していきます。

無理してクレジットの支払いを終えても、車検代や部品の交換代といった費用も

かかり、結果的には同じクルマに10年乗り続けるのと、3年〜5年ほどで

乗り換えても、維持費に大差がない場合もあるのです。

 

残クレで得する人、損する人

以上を踏まえて、残クレで得する人と損する人をまとめます。

残クレで得する人

・長距離乗らない(年間1万キロ未満)

・定期的に新車に乗り換えたい

・クルマの下取り価格の変動・下落が不安

 

残クレで損する人

・長距離ユーザー(年間2万キロが目安)

 

クルマの残価は年間の平均走行距離である1万kmから

1万2000kmの走行を想定して設定されています。

多少、走行距離をオーバーする程度であれば、

新車に乗り換える場合ならば多めに見てくれますが、

あまりに過走行だと設定残価と乖離し、乗り換え時や

返却時に追徴金を支払う可能性もでてきます。

 

あなたはいかがですか?

残クレのメリットを感じることができましたでしょうか?

 

オートローンもオススメ

月々の支払いを抑える事ができる残クレもオススメですが、

金融機関のオートローンもお得です。

残価設定のように仕組みが複雑ではなく、ディーラーの

クレジットよりも金利が安いのが特徴。

ディーラーのクレジット金利は、安くても4%台〜5%台。

金融機関のオートローンならば2〜3%という低金利で

借り入れ、クレジットを組むことができます。

あなたが普段使用している銀行の商品のオートローンの

金利を調べてから、ディーラーで見積もりを取るのも良いですね!

 

 

 

スポンサーリンク