【実体験】四万温泉は湯めぐりだけじゃない!宿泊前後にサクッと楽しめるおすすめスポット4選&無料駐車場!

旅行

温泉好きなナカモリサトル(@SatoruNakamori)です。

群馬県にあるひなびた温泉地、四万温泉に行ってまいりました。

四万温泉は小さな温泉街で、夜間に営業しているコンビニや

歓楽街もありません。まるで街全体が昭和の時代のまま時間が

止まったかのような郷愁漂う雰囲気を一泊二日で満喫いたしました。

名前

四万温泉といえば、いろんな温泉をハシゴする湯巡りが楽しみ方の定番ですが、それ以外の見どころもあります!四万温泉で楽しめるオススメのスポットをまとめました!

スポンサーリンク

四万温泉のおすすめスポットはクルマよりも徒歩が便利!無料駐車場にクルマを停めて散策しよう!

こぢんまりとした温泉街なので、ドライブで来たならまずはクルマを停めなくてはなりません。

四万温泉はほぼ一本道。クルマで進むと、このような看板を見かけます。

河川敷駐車場への案内です。

この先に駐車場はないので、この看板をみたら素直に駐車場を利用しましょう。

運転に慣れていないとなだらかな坂道がちょっと怖いですが、この細い道を抜けると

広々とした駐車場が広がります!

(駐車場の写真を取り損ねてしまったのですが、駐車場を背に向けると河川敷が広がっています)

googleマップでは「桐の木平駐車場」と検索すれば出てきます。

宿泊先の旅館の位置関係を把握しておくのも良いでしょう。

四万温泉のおすすめスポット1 スマートボールの柳屋

クルマを置いて四万温泉の街中を自由に散策できるようになったら、

何はさておき行くべきはこちらでしょう!

河川敷の駐車場から徒歩5分程度の位置にあります。

中に入ると、石油ストーブが燃える時に出るあの独特の匂いが。

もはや平成も終わろうとしているこの時代に、未だに昭和の時代を

感じさせる貴重な場所です。

スマートボールは四万温泉の隠れ名物!?1回¥500円で楽しめる!

よく見ると、1台1台で穴の位置も異なっているので、空いている気に入った台を

見つけましょう。お店のオバちゃんに500円を払ってボールを入れてもらったら遊びましょう!

動画はこちら!
IMG_1502

狙って球を打ってもなかなか入りません。むしろテキトーに打った方が

入ったりと、何回かに一度はバラバラとボールが増えていくのが快感です。

これがいわゆる射幸心をあおるってやつなんでしょうね・・・!

パチンコよりも手軽に楽しめるスマートボールに興じ、温泉地ならではの

非日常を味わうのも一興ですね。

四万温泉のおすすめスポット2 小腹が空いたら手打ちそば 中島屋

スマートボールの柳屋さんと同じ通りに面した手打ちそばの中島屋さん。

看板のメニューが分かりやすい。

特盛4段を夫婦でシェア。1470円なり。

そばはもちろんですが、蕎麦つゆが絶妙なお店です。

そばの香りに負けないカエシに、後味の甘さ。蕎麦湯も濃いのが嬉しいです。

ちなみに、中島屋さんではJAF優待特典があり

JAFカードを提示するとお会計が10%オフとなります。

JAFはクルマのトラブルを助けてくれるだけじゃなく、ドライブや日常生活で

お得になるクーポンとしての役割もあるので、ドライブ前に加入しておくのも良いでしょう。

運転初心者の不安を解消したいなら!JAFに入って安心ドライブへ出かけよう!

2018年9月11日
スポンサーリンク

四万温泉のおすすめスポット3 四万グランドホテル内の売店「森の声」

四万温泉でお土産を買おう!と思っても、いわゆるお土産屋さんが無いのです。

友人や職場で配るようなお菓子や、お酒のおつまみやご飯のお供になりそうなもの、

お酒や子供が喜びそうなマスコットなどが欲しい時には、四万グランドホテル内の

お土産店を上手に利用しましょう。宿泊者じゃなくても利用することができます!

森の声は営業時間に注意。開店前はマンガを読みながら待てる!

売店は営業時間に注意。特にお昼時、夕飯時には閉まっているので注意です。

でも、営業時間外に来てしまっても大丈夫。

ロビーにはマンガも豊富にあり、ソファーに座って待つこともできます。

ハローキティのカフェも併設されているので、そちらでお茶を飲みながら待つのも良いでしょう。

四万温泉のおすすめスポット4 楓月堂の銘菓「夢まくら」をお土産に

四万グランドホテル内の売店では買えないお土産で、おすすめなのが

楓月堂の銘菓「夢まくら」です。

この看板が目印です。

お店の外観はこんな感じ。

店内の写真は撮れなかったのですが、奥には菓子工房もあり、手づくりを

そのまま販売している品質重視のお店であることが伺えます。

楓月堂の温泉まんじゅうも美味しいですが、夢まくらはここでしか手に入らない銘菓。

こしあんと柚子あんの2種類があります。

外側の生地はモチのように伸び、一口食べるとこのような感じ。

個装されているのでお土産にも最適です。

好みのおすすめスポットで温泉+α!四万温泉を満喫しよう!

四万温泉はこぢんまりとした小さな温泉街。

高速ICからもクルマで1時間以上離れた場所にある為、アクセスも

決して良いとは言い切れない場所ですが、そのぶん古き良き日本の温泉街の

雰囲気が所々に残り、ある意味新鮮な場所とも言えます。

温泉にゆっくり浸かり癒されるだけではもったいない。

+αの要素を加えて、四万温泉の楽しみ方を見つけましょう!

スポンサーリンク