サラリーマンが副業をはじめて1か月、5つの困難と学び

福業

ナカモリサトル(@SatoruNakamori)です。

2018年3月に副業をはじめて、1か月がたちました。

この1か月、ぶっちゃけ「やめちゃおうかな」と
思った事が幾度となくあったのです。

副業は甘くない。辞めたくなるのは当然。なぜなら・・・

考えてみればそれは当然の事。
だって、私は41歳、転職7回の営業マン。
20年近く社会人をやっていても、
大したスキルなんて持ち合わせていないのです。

そんな私がはじめた副業がこちらの3つ!!

1.クラウドワークスでライター案件
2.ブライダルバーテンダーとしてカクテルレシピ提供
3.ブログ運営

私のように副業をはじめようとしているサラリーマンの為に、
意気揚々と副業をはじめた後、「やめちゃおうかな…..」と
思ってしまった5つの困難をご紹介します。

1.時間が足りない、遊べない

当たり前です。そりゃそうです。
「空いた時間で気軽に副業♪」なんてコピーに騙されちゃ
いけません。
これまでの余暇時間を副業に充てるんですから、
ボーっとしたり、ダラダラしていたら副業する時間なんて
あっという間に無くなります。
これを書いている今も、本業の会社に行く前に、遅刻をしないように
ドキドキしながら書いています。

つまり、濃密な時間を過ごそうと意識できます。

2.最初から儲からない

当たり前です。そりゃそうです。
クラウドワークスのライター案件なんて、
2000文字以上の記事を30件書いてたったの1万円ですよ。

素人にとっては2000文字の記事を一つ書くのも大仕事です。
1記事350円です。

でも、その中から新たな学びや気付きを得られます。

スポンサーリンク

3.むしろ最初は赤字からスタート

当たり前です。そりゃそうです。
副業をはじめるにしても、何にも知らないままで闇雲にやっても
うまく行くはずがありません。
先行者のノウハウは積極的に学び、盗むべき。
そこで、noteでイケダハヤト氏の副業の教科書やブログ運営の教科書を購入。
更に、今使用しているパソコンはもう7年くらい使用している年代もの。
これを機に、マックにしようかなと考えております。

嗚呼、お金が欲しくて副業するのに、お金がかかるこの矛盾よ・・・・

でも、イケハヤさんの本には「事業届を出して経費として落そう」という
知恵を提供してくれています。この辺は継続する中で、上手く消し込む
事が出来そうです。

副業への取り組みでかかった費用は、消費や浪費ではなく、投資です。

リターンを目指して投資するのです。

4.知らない事ばかりでなかなか前に進まない

当たり前です。そりゃそうです。
イケハヤさんの本の具体的なノウハウを実践する事からはじめていますが、
例えば、ブログにツイッターを張り付ける、なんて事も、
満足に出来ないんですよ!涙

小一時間調べても??のままだったので、このままじゃ更新できないとあきらめて
オールテキストの記事を書き始めて現在に至ります。

これ、真面目にやろうと思うと、結構覚えなくてはならない事沢山あるぞ・・・・。

グダグダなサラリーマン人生しか歩んでない人だったら、多かれ少なかれ、
そう感じるのではないでしょうか。

5.ダメダメな自分に直面する。

当たり前です。そりゃそうです。
やればやるほど、出来ない自分に気付く。
お金儲けって甘くない。改めてそんな事に気付かされます。

これって、サラリーマンでは得られることが出来ない感覚です。
そんな感覚を覚えて、新しい事に挑戦しても、生活が維持できるというのは
正にサラリーマンとしての副業の特権と言えることも出来ます。
ダメな自分と向き合いつつ、今後も試行錯誤を続けていきます。

 

以上が私が感じた困難と学びです。

とにかくまずは文章を書く事を楽しみながら続けていければと思います。

スポンサーリンク