東京で行き詰ったら地方に行くべき3つの理由

転職&キャリア

東京で頑張って来たのであれば、田舎だったら活躍できる可能性は十分にあります。
そんな人に伝えたい3つのポイントです

スポンサーリンク

東京に比べて要求レベルが低い

仕事の要求レベルは東京と比べると本当に低いです。

こちらがヤバイ!と思っても意外にも大丈夫だったり、

おおらかに対応してくれたりします。

ビジネスマナー自体のレベルも低いです。

お世話になっております。お疲れ様です。

の使いわけもできない会社だったあるくらいです。

 

勝てる場所で勝負するのは良い人生を送る鉄則と考えれば、

無理に東京にこだわらず、地方で勝てる勝負に挑むのは

選択として何ら間違っていません。

 

マイペースが維持しやすい

仕事における納期も無理がありません。

深夜残業を強いられて働くという

発想は地方にはありません。

 

みんな仕事よりも家庭が大事と考えます。

しかも、最近ではどこも人材不足なので

多少出来が悪くてもむやみにクビにしてしまっては、

もっと職場に悪影響を与えるとの判断で、

滅多な事でクビになるという事もありません。

(普段は最低限やるべき事をやっている事が大前提ですが・・・・)

 

スポンサーリンク

生活費が安い

まずは家賃が安いです。駐車場も安いです。

家賃込みの場合も珍しくありません。

クルマが必要だとしても、それを差し引き

考えても固定費は東京ほどかかりません。

最近は物流もインターネットも発達しているので

日常生活を送るだけならば

地方であっても不便を感じる事はないはずです。

 

東京でやり切ったら、胸を張って地方へ行こう

東京でダメだったから、地方で成功する保証はありません。

しかし、東京で全力を尽くし、燃え尽きた感があったり、

これ以上は無理ゲーだ、というのであれば、わざわざ

負け戦をする為に東京に居続ける理由はありません。

視点を変えて、地方に行くという選択肢を是非考えてみて下さい。

人が変わるためには、環境を変えるのが一番早いと言われています。

住む環境、人、気分・・・全てを変えて、新たなチャレンジを

していきましょう!

スポンサーリンク