古河市4号バイパス沿いのうどん店「田舎や」は他店じゃ出せないコシと太さ!

B級グルメ

食いしんぼうのナカモリサトル(@SatoruNakamori)です。

埼玉から北へ国道4号バイパスを下っていくと、茨城県古河エリアに

突如現れるこの看板。

どどん!

と言わんばかりのインパクトのある看板。

付近にある4号バイパス沿いのステーキとハンバーガーのお店をと

すき家の間にある、あのうどん店です。

スポンサーリンク

田舎で「田舎や」はあまりにもそのまんま過ぎやしないか

4号バイパスは東京から北へ一直線に向かう国道。

東京から遠ざかるにつれどんどん田舎になるわけで、

もう周囲は見事な田舎なのです。そんな場所で田舎やという

ド直球のネーミングはそのまんま過ぎて、私には全く印象に

残らないのですが・・・肝心なのは味です。

いつもはスルーしていたお店ですが、実家へ立ち寄る前に

フラリと妻と立ち寄りました。

このお店、以前はセブンイレブンだったんですよね。

居抜きで改装されてうどん屋さんになりました。

駐車場は広く、大型トラックが複数台停まっても安心です。

 

田舎や、いざ入店!

店内は広々としており、テーブル席、座敷席とあります。

このようにオープンキッチンでカウンター席もあり、一人でも

気軽に立ち寄ることができます。

完全なオープンキッチンになっており、うどんが出来上がるまでの様子がそのまま

観られるのが特徴ですね。実際に鍋がバーナーで調理されていたり、

うどんが盛り付けられる様子を見ることができます。

田舎やの注文は食券で

注文は入り口の券売機で買うスタイルです。

張り紙にはうどんの持ち帰りも出来るとのこと。

今回は初回訪問なので、田舎やの定番「肉汁うどん」を注文!

スポンサーリンク

テーブルでメニューをみながら、うどんが到着するのを待つ

鴨汁うどんや味噌煮込みうどんもおいてあるようです。

ボリュームも選べて1キロなんてのもありますね。

ネタとしか思えませんが・・・メニューに乗せていれば、

注文する人もいるかもしれません

サイドメニューになぜか餃子が置いてあります。

一方、うどん屋さんの定番の天ぷらは置いてません。

天ぷらは手間がかかるので省き、うどん単品で勝負しようとしているところが

好印象です。シンプルなメニュー構成は味に自信がないと出来ないことですからね。

 

肉汁うどん、到着!

3分も待たずに肉汁うどん到着!

感覚としては牛丼店と同じくらいのスピード感です。

桶に盛られたうどんとつけ汁の他に、割スープですね。

食後につけ汁を割り、スープを飲めるようにする配慮でしょう。

つけ麺のスープ割りと同じ感覚ですね。

まずはうどんを汁をつけず、そのまま頂きます。

まず、感じられるのが塩気。そして噛むほどに感じられる小麦の甘み。

歯ごたえとしてはこれでもかという弾力。「ムチっ」「モチっ」という食感。

むしろ「固い」と感じる方もいるかもしれません。

 

田舎やは他店では出せないコシ。攻めたうどんで勝負する

うどんの太さとコシの強さ。これが田舎やのうどん最大の特徴です。

写真からでも力強さが伝わってきませんか?

太さが均一ではなく不揃いなのが、手打ちで打った何よりの証拠です。

固い麺が好きな私ですら「固いんじゃない?芯がちょっと残ってるんじゃ?」

って思うくらいの硬さ。しかしこの硬さがクセになると言ってよいでしょう。

噛むほどに小麦本来の甘さを感じ、それがつけ汁の香りと合間って、

「これが本当のうどんだ!」と口の中で主張するのです。

きっと大手のチェーン店や多店舗展開するお店では、「万人ウケしない」

と言った理由でNGになるレベルの硬さでしょう。無難にまとめるのが大手の定石です。

しっかりと噛ませる。これがクセになるうどんです。

ホームページでもしっかり固い、歯ごたえがあると伝えています。

そしてつけ汁。

今回注文したおすすめの肉汁うどんは、

豚バラ肉がたっぷり入ったつけダレ。

冷たいうどんとあわせても温かく食べられるように

かなり熱めにして出されます。そして何よりも節の

いい香りが漂ってきます。

単なる鰹節だけでとったダシの香りとは思えない、

ちょっと醤油を焦がしたような、アクセントのある香りと

濃いめのつけダレが、コシの強いうどんに負けず、良いバランスを

キープしています。

うん。

田舎やのうどん、うまいっっ!!

 

まとめ 田舎やでうどんのルーツを体感しよう!

このうどん店がある埼玉近郊では「加須うどん」と言われ、

喉越しを味わう讃岐うどんとは異なる発展を遂げています。

讃岐うどんとはまた異なる味わいの田舎やのうどんを味わい、

うどんのルーツを辿ってみるのも面白いんじゃいかと。

田舎やではお持ち帰りもできます。ちょっとしたお土産にも

喜ばれると思いますよ!

 

 

スポンサーリンク